たびこふれ

元クルー(船員)の「もっち」が語る!「客船で働くこと」とは

記事投稿日:2015/07/28最終更新日:2018/04/09

Views:

こんにちは。クルーズコンサルトの通称「もっち」と申します。

クルーズブログ初登場です。実は私、旅行会社で働く前はクルーズ客船で乗船勤務しておりましたため、今回このブログにコメントを寄せることになりました。これから定期的に登場しますのでどうぞよろしくお願いします。

初回の今回は自己紹介を兼ねまして、私が客船に乗ることになったきっかけや、船内生活などについて簡単に紹介したいと思います。

大学を卒業後、私は熱望していたとある大型シティリゾートホテルに就職し、約4年間勤務をしました。そのうち、それだけでは飽き足らず、「今度は "動くホテル"とも呼ばれる豪華客船で働きたい!」と思うようになりました。一念発起してホテルを退職し、インターネットで客船の会社と住所などを調べ、履歴書を送り、時々「募集が出ていないか?」を問い合わせたりしながらチャンスを待っていました。

幸運に恵まれ、親会社の人事担当の方から連絡を頂き、その後何段階もの採用試験を経て、憧れの客船のスタッフ(クルー)になることが出来ました。

CUSTMERCENTER_COSTA_ISOMOTO.jpgカスタマーセンター(レセプション)/イメージ

CUSTMERCENTER_PRINCESS_ISOMOTO.jpgカスタマーセンター(レセプション)/イメージ

当時の私はクルーズ客船のことをまだそれほど深く知っていたわけではなく、まさに"動くホテル"というイメージを持っているぐらいだったため、自分の仕事の内容も、ホテルで言うフロントクラークのようなものかなと漠然と思っていました。ところが実際には「エンターテイメント」部門で働くことになったのです。

クルーズ客船には、お客様の前に出る仕事だけでも数多くの部署があり、ホテルのフロントクラークのような役割の「パーサー部」はどちらかというと事務方ということになります。

一方、私が所属することになったエンターテイメント部門は、クルーズ客船ならではの、簡単に言うと"お遊びを作り出す部署"というようなところでした。エンターテイメント部門の仕事内容や船内イベントなどについては、また別の機会にご紹介したいと思います。

ところで「客船で働く」というのは一体どんな生活?と疑問に思われる方が多いと思います。当然海の上での生活ということになるのですが、これがかなり体力を消耗するものなのです。一度乗船すると、数ヶ月間乗りっぱなしとなります。

クルー(乗組員)の部屋は乗船客のキャビンとは異なり、バックスペースにあります。中でも、船底に近いエンジンルームなどの近くや、(船の中でも)揺れの大きい前方にクルーのキャビンが多く配置されています。2~4人で洗面所やトイレなどを共有し、装飾などはもちろんないため、クルーのキャビンはむき出しの鉄の壁に囲まれています。ほとんど'ベッドがあるだけのスペース'という感じです。おかげで書類などは磁石でどこにでも掲示できましたが...笑。

私の乗っていた客船では、小さなテレビは各自のベッドのところに備え付けられたため、停泊中は多少の地上波を見ることが出来たのは幸いでした。...とは言え、エンジンの音や水中音などが24時間常に、数ヶ月もの間毎日鳴り続ける中での生活ですから、「少しの間でも良いから静寂が欲しい!」と願っていたのは私だけではなかったと思います。その他、クルー用の船内施設やクルーの習慣などについてはまた別の機会にご紹介します。

私の場合は直接採用でしたが、最近では船会社や職種によってはクルーの採用を外部に委託したり派遣の形を取っている会社も多いようです。

外国船は特に、表の華やかさとは異なり、待遇もあまり良いとは言えないようですが、それには代えられない貴重な経験が出来るのもクルーズ客船の乗組員の魅力の一つだと思います。クルーズ客船で働いてみたいと思う方は、是非
'若いうちに'挑戦することをお勧めします♪

ちなみに私が自分の姪っ子に「将来、クルーズ客船で働いてみない?」と訊いてみたら、無表情で「興味無い」ときっぱり言われてしまいました...笑。まだまだクルーズの魅力を伝えていかなければいけないな!と思った瞬間でした。

NIPPON_ISOMOTO.jpgクルーズ船は大きなホテルのようです  船体/イメージ


POOL_PRINCESS_ISOMOTO.jpgデッキとプール/イメージ

※いずれの写真も、もっちがクルーとして乗船した船ではございません。

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/07/28最終更新日:2018/04/09

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.