たびこふれ

船に乗ったら私が必ずやっていること

記事投稿日:2015/07/10最終更新日:2018/08/06

Views:

みなさんこんにちは!クルーズツアーを企画している重原史好です。

船内にはいくつかのバーがあります。クラシックなバー、プールサイドのバー、ロビーアトリウムのピアノバーなど。(もちろん船のコンセプトやサイズによっても違うのですが)

船に乗り始めた当初は全てのバーを制覇しようとして毎日行くバーを替えて楽しんでいました。 それが今では、お気に入りのバーを決めてしまって、そこに毎日通うスタイルになりました。

DIA_Bar_rental_2018.12.31.jpg

その理由は、バーデンダーと顔見知りになる楽しさを知ったからです。毎日通うと、バーテンダーもこちらの顔を覚えてくれます。 ちょっとずつ、他愛もない会話が始まります。

「どのくらい船に乗っているの?」
「あなたはなぜ船に乗るようになったの?」
「家族は?ずっと離れていて淋しくない?」


DIA_Bar2_rental2018.12.31.jpg

片言の英語でもほとんど問題ありません。要は「何を話すか?」ではなく、「コミュニケーションを楽しむ」という感じなんですね。そんな雰囲気の中で飲むお酒の味は、格段に美味しくなります。

特に気に入っているのは、【キュナード(クイーンエリザベス、クイーンメリー、クイーンビクトリア)】にある「ゴールデン・ライオン・パブ」。英国パブを再現しており、昼夜問わず多くの乗船客の憩いの場となっています。

サッカーの試合が中継される時には、バーテンダーや英国紳士・淑女と一緒に盛り上がり、一体感を味わうことができます。

最近では、仕事で【ダイヤモンド・プリンセス】に乗船する機会が多いため、業務の打ち合わせは5デッキのロビーバーの頻度が高いです。ロビー独特の解放感でリラックスしながら仕事ができるからです。

プライベートな時間は、14・15デッキのプールサイドのバーで、のんびりしていることが多いです。ビールを片手に、どこまでも広い空と海・そして海風を感じながら過ごす時間は、まさに至福のひと時です。

船に乗る機会があれば、バーで過ごす時間もおすすめです。みなさんも、海の上で、お気に入りのバーを見つけてみませんか? 

(写真:プリンセスクルーズ)

>>>「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船するツアーはこちらから!

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/07/10最終更新日:2018/08/06

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.