たびこふれ

アリュール・オブ・ザ・シーズに乗船してきました♪

記事投稿日:2015/01/08最終更新日:2018/04/09

Views:

はじめに

2015年5月よりバルセロナを母港に西地中海を定期運航致します世界最大客船「アリュール・オブ・ザ・シーズ」に体験乗船してきました。「動く街並み」のキャッチコピー通り、客船内は驚きの連続でした。その驚きを一部ご紹介させて頂きます!

22万5千トンの大きさとは・・・

a2015010901.jpg

「22万トンクラス」と言われても、その大きさをなかなか頭に思い描くことが難しいと思います。私も港で船体を初めて見た時、その大きさは想像以上でした。寄港地で他船と停泊している際、特に66メートルある船幅は他船の倍ほどあり圧巻でした。

こんなに大きな客船内、きっとクルーズ中迷子になってばかりだろうと覚悟しておりましたが、船内配置は非常にわかりやすく、また各デッキのエレベーター付近には、タッチ式の液晶画面が設置されており、今いる場所から行きたい場所への行き方やレストランの混雑混乗などが検索できるので、大変役立ちました!

a2015010902.jpg

また乗客定員5,400名は、レストランやショー、施設など混雑を覚悟しておりましたが、事前に予約することで、殆どの施設で待ち時間を感じることもなく、乗客が上手く分散していることに感心致しました。

船内はまさに「洋上のテーマーパーク」

本物の草木が植えられてる「セントラル・パーク」は緑溢れる公園には野鳥も遊びにきており、軽食が食べる「パーク・カフェ」(無料)を利用して過ごす時間を、客船内とは思えないひと時でした。

a2015010903.jpg

またショーは、本場ブロードウェイのミュージカル、

Allure of the Seas-CICAGO-MORIKAWA.jpg

アクアシアターで開催される迫力満点のダイビングショー、

a2015010905.jpg

そしてプロスケーターによる華麗なアイススケートショー

a2015010906.jpg

など乗船したからには全て鑑賞したい気持ちが先立ち終日航海日も退屈する暇もなく大忙しでした。クルーズ中、お子様から大人まで、年齢問わず乗客みんなが思い重いの場所で楽しんでいるのが非常に印象的でしたので、ハネムーンや3世代旅行もおすすめです!

ムーブイット!パレード

ドリームワークスのキャラクター達によるパレード!ドリームワークスのキャラクター達との写真撮影会も随時開催されます!船内新聞チェック要です!

a2015010907.jpg

フローライダー

サーフィンとウェイクボードが体験できる波乗りプール!

a2015010908.jpg

ロッククライミング

7デッキから15デッキまでの壁面を使ってロッククライミングが体験できます!命綱があるので、頂上の鐘を目指してチャレンジしてみてはいかがですか?

Allure of the Seas-WALL1-MORIKAWA.jpg

ジップライン

9デッキ分の高さをジップラインで約25メートル渡ります!高さがあるので、迫力&スリル満点です!

Allure of the Seas-WALL2-MORIKAWA.jpg

食事も船旅の楽しみのひとつ

メインダイニングやビュッフェレストランでのお食事の他、様々な味が楽しめる7か所の有料レストランがありました。クルーズ旅行に参加された方の中には、「洋食に飽きた」「日本食が恋しかった」と思われる方も多いようですが、ご安心しください!アリュール・オブ・ザ・シーズには、アジア料理(有料)レストランがございます。皆様にご紹介するにあたり私も試食してきました。外国で食べる日本食でありましたが、頑張って日本語で挨拶をするクルーのアットホームな雰囲気とお寿司の他にラーメンや鍋焼きうどんなどの麺類があるのが嬉しかったです。

Allure of the Seas-SUSHI1-MORIKAWA.jpg

Allure of the Seas-SUSHI2-MORIKAWA.jpg

メインダイニング・夕食

メインダイニングでもご夕食は毎日洋食のフルコース料理をお楽しみ頂けます!写真は、フォーマルナイトのディナーメニューのロブスター料理です!

Allure of the Seas-MEAL-MORIKAWA.jpg

メインダイニング・朝食

メインダイニングでの朝食で、他船と一番違う点は、中央にビュッフェコーナーが設置されていることです。もちろん、メニューからオーダーできるのですが、もう少し食べたい時にかなり便利です!写真は、本日のスペシャルパンケーキ(バナナ)です!

Allure of the Seas-CAKE-MORIKAWA.jpg

最後に

世界最大客船はいかがでしたでしょうか?寄港地はヨーロッパ方面が好きだけど、世界最大客船にも乗船してみたかったというお客様に一押しの客船です。ぜひ、世界最大客船をご自身でご体験ください!最後までお読み頂きありがとうございました!

担当:森川利江

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/01/08最終更新日:2018/04/09

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.