たびこふれ

また乗りました「サン・プリンセス」!今度は北海道クルーズです!寄港地観光もご紹介します!

記事投稿日:2013/08/13最終更新日:2019/11/01

Views:

今度は北海道クルーズに乗りました!

2~3か月前に横浜からサン・プリンセスに乗船したばかりですが、今回は北海道から乗船しました!

SP_IMG_6636.jpg

ベストシーズンの北海道をプリンセスクルーズで巡る旅、今回も最高でした!

1日目 出航

乗船すると心地よい音色がお出迎え

SP_5.jpg

まずはデッキに出てみる。

SP_1.jpg

乗船した時から食べ放題!ビュッフェで遅めのランチへ。

SP_2.jpg

出航前の鏡割り、みんなテンション上がります。

SP_3.jpg

ゆっくりと遠ざかる大桟橋。船旅の良さを感じるひとときです。

SP_4.jpg

2日目 終日航海

朝食はバイキングにて

SP_6.jpg

船内ではイベント盛りだくさん!ズンバダンス教室に

SP_7.jpg

カジノ教室

SP_8.jpg

ユーモアあふれる料理長のクッキング教室

SP_9.jpg

何よりも最高なのが、この船尾の景色。

SP_10.jpg

そして夜はフォーマルナイトで、クルーズらしい一日

SP_11.jpg

3日目 釧路へ入港

真夏の最高気温が約20度、大阪のうだる暑さとは別世界。

SP_12.jpg

雄大な釧路湿原

SP_13.jpg

海産物で有名な釧路和商市場、自分でネタを選んだ海鮮丼を食しました。

SP_14.jpg

船に戻ってアフタヌーンティーへ。スコーンがとてもおいしかったです!

SP_15.jpg

4日目 知床半島クルージング

朝目覚めてチェックするのがテレビで表示される航路モニター。
まもなく国後島に接近。

SP_16.jpg

国後島は沖縄本島より大きいだけあって雄大です。

SP_17.jpg

そして、世界遺産知床半島の羅臼の前でターンして、左舷から知床半島を望むクルージングです。

SP_18.jpg

知床半島の先端部分を通過

SP_19.jpg

そしてウトロの街が見えるまで遠目に羅臼岳や滝などを眺めます。

SP_20.jpg

夕食は、メインダイニングでこんなメニュー、メインは照り焼きソースのチキンです。

SP_21.jpg

5日目 サハリンのコルサコフ入港

船内の集合場所に行くと、乗船の時に預けていたパスポートにロシアの入国スタンプが既に押されていました。

岸壁に接岸できないため、テンダーボート利用です。

SP_22.jpg

ユジノサハリンスクでは、博物館観光へ。

SP_23.jpg

美しい教会もありました。

SP_24.jpg

ランチはメインダイニングで舌鼓!このサラダとカルボナーラ最高でした。

SP_25.jpg

SP_26.jpg

午後はジムとジャグジーへ。

SP_27.jpg

今夜のエンターテイメントはマジックショー!こういうのを生で見られるのは感激です!

SP_28.jpg

6日目 小樽入港

タグボートに先導されて小樽入港。

SP_29.jpg

入港後、船内のラウンジで入国審査。
港に入国審査の設備がない場合は船内対応になる様です。

SP_30.jpg

小樽と言えば、運河

SP_31.jpg

寿司

SP_32.jpg

そして、堺町通りの北海道スイーツ巡り

SP_33.jpg

船に戻り、夕食はメインダイニングでラビオリ。あとでロブスターがでてくるのを見て後悔・・・

SP_34.jpg

7日目 函館

和太鼓でのお出迎え

SP_35.jpg

五稜郭と夜景を満喫。

SP_36.jpg

夕食は、シーザーサラダに加えて、トンカツとブイヤベースのダブルメインで満腹

SP_37.jpg

SP_38.jpg

8日目 青森

船上から雄大な八甲田山をのぞむ

SP_39.jpg

真夏なので涼を求めて十和田湖と奥入瀬へ。心安まる場所でした。

SP_40.jpg

今夜のディナーはこちら。前菜のパイが美味しかったです。

SP_41.jpg

9日目 終日航海

太平洋を南下。蒸し暑さで横浜に近づいていることを実感。

SP_42.jpg

最後の晩餐はこちら
プリンセスの定番メニューでしめました。
このシーザーサラダ、スープ、パスタ、そしてパン、どれも最高でした。

SP_43.jpg

SP_44.jpg

SP_45.jpg

10日目 横浜帰港

早朝、大桟橋に近づいてきました。

SP_46.jpg

スーツケースは前日の夜にポーターさんが持っていってくれましたので、手荷物だけ持って下船。ターミナルで受け取ってからはすぐに宅急便カウンターで預けて、らくらく帰宅です。

10日間旅しても疲労感ゼロ、クルーズの旅はお体にやさしいです。

>「サン・プリンセス」に乗船するツアーはこちらから!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Haku
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2013/08/13最終更新日:2019/11/01

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.