たびこふれ

Suica(スイカ)におすすめのクレジットカード!Suicaでさらに得する方法

記事投稿日:2021/08/28最終更新日:2021/08/28

Views:

電車

Suica(スイカ)は知らない方がいないほど有名な交通系電子マネーで、その会員数はモバイルSuicaだけでも既に1,000万人を突破しています。

しかし毎日使っていても、本当に使いこなせているとは限りません。あなたもここで一度、いつものSuicaを見直してみませんか?

今回は、Suicaのおトクな使い方と、それに役立つクレジットカードをご紹介したいと思います。

目次

交通系電子マネーの基礎知識

「改札でタッチ」するだけで運賃を清算できる交通系電子マネーは、毎日の通勤通学やおでかけには必要不可欠ですよね。

しかしその使い方を知っているだけでは十分ではありません。これから見ていくSuicaの基礎知識は、初心者だけでなくSuicaを使い慣れた方にもきっと役立ちますよ。

タッチするだけで運賃を清算できる電子マネーは、海外でも流通しているってご存知でしたか?もしも海外に行く機会があったら、ぜひ以下の交通系ICカードを手に入れてください。

以下は海外の交通系ICカードで、事前に運賃を調べたり切符を買わなくても済みますから、現地での移動にはとても重宝します。

  • 韓国:T-money
  • 香港:八通達 Octopus
  • 台湾:悠遊 EasyCard
  • シンガポール:EZ-Link
  • イギリス:Oyster
  • フランス:Navigo Easy

これらカードは、駅やコンビニなどで簡単に入手できます。もちろん自国でしか使えませんから、残高は帰国までに使い切ってくださいね。

各国の個性的なデザインの交通系ICカードは、現地でしか手に入らないお土産としても喜ばれます。

SuicaはJR東日本の交通系電子マネー

交通系電子マネーカードの図

では国内ではどうでしょうか?日本では鉄道エリアによって、様々な交通系電子マネーが使われています。

  • JR東日本:Suica
  • JR北海道:Kitaca
  • JR東海:TOICA
  • JR西日本:ICOCA
  • JR九州:SUGOCA
  • 株式会社パスモ:PASMO
  • 名古屋交通開発機構:manaca
  • スルッとKANSAI:PiTaPa
  • 西日本鉄道:nimoca
  • 福岡市交通局:はやかけん

上記10種類の交通系ICカードは、一部の路線を除いて相互利用が可能です。この中のどれか一つを持っていれば、他の地域でも電車やバスに乗ったり、加盟店でお買物ができるのです。

ただし「鉄道エリアをまたぐ利用」と「オートチャージ可能エリア」については、制限もありますので気をつけてくださいね。

SuicaカードとモバイルSuica

Suicaを大きく分けると、「カードタイプ」と「モバイルタイプ」の2種類があり、カードタイプには「Suicaカード」と「Suica搭載クレジットカード」の2通りがあります。

駅の多機能券売機や窓口では、既にチャージ済みのSuicaカードを手に入れることができます。その際に預けるデポジット(500円)は、Suicaカードの返却時に返金されます。

Suicaが搭載されたクレジットカードは、インターネットから簡単に申し込めます。ただし審査が必要で、カードが手元に届くまでには1~2週間を要すことと、年会費がかかる点にご注意ください。

モバイルタイプのSuicaは、ダウンロードしたアプリからすぐに新規発行できます。費用もかかりませんから、この中ではモバイルタイプが一番手軽です。

Suicaへのチャージは断然ビューカードがお得

どのタイプのSuicaも、使う前には必ず十分な金額をチャージ(入金)する必要があります。Suicaの残高が足りないと改札を通過できませんし、加盟店でお買物をすることもできません。

チャージには現金もしくはクレジットカードのいずれかを使用します。

現金の場合、コンビニや駅の券売機でも手軽にチャージできますが、クレジットカードでのチャージやオートチャージの方がもっと便利でお得です。

ビューカードからチャージすれば高い還元率でポイントが獲得できる上に、獲得したポイントは1ポイント1円でSuicaにチャージして利用することができます。

クレジットカードからのチャージならいつでもどこでもチャージが可能ですから、お得さだけでなく利便性においても現金チャージよりもビューカードからのチャージの方が断然お得です。

モバイルSuicaの場合、どのクレジットカードでもチャージできますが、Suicaカードのチャージには、ビューカードしか使えません。

また便利なオートチャージを設定できるのも、ビューカードだけです。

ビューカードと提携ビューカード

「ビューカード」とは株式会社ビューカードが発行するクレジットカードの名称で、券面の「View(ビューマーク)」が目印です。

もしもViewマークの横に「ii(ツーマーク)」が付いていたら、それは他社が発行する「提携ビューカード」です。

ビューカード

  • ビューカード:Viewマーク付き
  • 提携ビューカード:Viewマークの横にiiマーク付き

ビューカードと提携ビューカードでは、サービス内容に若干の違いがあります。

提携ビューカードでもSuicaカードにクレジットチャージすることは出来ますが、その際にはJRE POINTではなく、提携他社のポイントプログラムが適用されます。

そのため還元率が下がりますし、お得な特典「VIEWプラス」も適用されません。JRE POINTを効率よく貯めるには、やはりビューカード(提携ビューカードではない)が必要なのです。

当記事でこれからご紹介する4枚のクレジットカードは、すべてJRE POINTが貯まるビューカードで、もちろんSuicaのチャージ・オートチャージにも対応しています。

Suicaを登録するとポイントを2重取りできてお得

Suicaはビューカードでチャージすることによってポイントが貯まり、乗車や買物でもポイントが貯まります。つまりポイントを2重取りできるのです。

JRE POINTは自動延長タイプで、貯めたり使ったりしている限りは失効しませんし、加盟店でのショッピングやSuicaに使いやすいのが特徴です。

  • JRE POINT加盟店で1ポイント=1円として使える
  • 1ポイント=1円としてSuicaにチャージできる
  • 有効期限は自動延長(ポイントの増減日から2年後の月末まで有効)

しかしSuicaの利用でポイントを貯めるには、必ずJRE POINT WEBサイトにSuicaを登録しなくてはなりません。

こうすることによって、JRE POINT加盟店でのショッピングや乗車で、JRE POINTがおトクに貯まるようになります。

登録したSuicaで乗車するとJRE POINTが貯まる

登録したSuicaで乗車すれば、JRE POINTが貯まります。

  • モバイルSuica:50円で1ポイント
  • Suicaカード:200円で1ポイント

また、登録したSuicaで買物をした時にも、やはりJRE POINTが貯まります。

加盟店マーク

ポイントが貯まる加盟店は、上記のマークを目印にしましょう。ポイント付与率は100円もしくは200円に対して1ポイントです。

Suica利用がお得になるおすすめのクレジットカード4選

Suicaは電車やバスの運賃清算だけでなく、加盟店でのお買物にも使えます。ビューカードでチャージすれば、毎日の生活の中でJRE POINTがドンドン貯まりますよ。

そこで駅ビルや量販店がおトクになるクレジットカード(ビューカード)と、効率的なポイントの貯め方をご紹介しましょう。

おすすめ1. Suicaチャージで1.5%還元「JRE CARD」

JREカード

JRE CARDは、Suicaが搭載されたビューカードで、JRE POINTが貯まります。通常タイプの他に、Suicaなしタイプや定期券つきも選べます。

Suicaへのオートチャージで1.5%還元されますので、Suicaをお得に利用することができます。

このカード最大の特徴は、駅ビルなど優待店(アトレ、アトレヴィ、エスパルなど)でクレジット払いすると、還元率が合計で3.5%(優待3%+決済0.5%)になることです。JRE CARDは、駅ビルをよく利用する方には絶対見逃せない1枚ですね。

Suicaの利用もかなりお得で、ビューカードの特典「VIEWプラス」とダブルポイントで、通常0.5%還元のところ最大5%までポイントアップします。

  • 「えきねっと」JRのきっぷを予約・決済:3%+2%
  • 「モバイルSuica」グリーン券購入:3%+2%
  • 「モバイルSuica」定期券購入:3%+2%
  • 「モバイルSuica」チャージ、オートチャージ:1.5%
  • 「Suica」オートチャージ:1.5%

モバイルSuicaでダブルポイントを貯めるには、必ずJRE POINTサイトに登録することを忘れないでくださいね。上の表のポイント加算は、この後ご紹介するその他のビューカードにも同様に適用されます。

またいずれのビューカードも、JRE POINT加盟店でカードを提示すれば、100円につき1ポイント貯まります。

JRE CARDには以下の旅行保険も付いていますが、年会費が安いのに旅行保険がちゃんと付帯するのは、ビューカードが東日本旅客鉄道株式会社の子会社だけのことはあります。

  • 最高500万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 最高1,000万円の国内旅行傷害保険(利用付帯)

おすすめ2. 最大11.5%還元!「ビックカメラSuicaカード」

ビッグカメラ スイカカード

「ビックカメラSuicaカード」も、Suicaが搭載されたビューカードです。年会費は524円(税込)ですが、初年度は無料ですし、2年目以降も前年に1度でもクレジット決済すれば無料になります。

このカード最大の特徴は、ビックカメラ・コジマ・ソフマップでの還元率が、最大で11.5%になることです。

  • ビックポイント(Suica決済):10%
  • JRE POINT(Suicaチャージ):0.5%もしくは1.5%

ビックカメラなどで還元率が最大の11.5%になるのは、Suicaにオートチャージ設定した時、もしくはモバイルSuicaにチャージした時です。

このカードに搭載されたSuicaに手動でクレジットチャージすると0.5%しかポイントが貯まりませんから、合計還元率は10.5%どまりになります。

ビックカメラSuicaカードはどこで使っても1%還元と、基本の還元率が高いのも特徴です。この1%の内訳は、ビックポイント0.5%とJRE POINTが0.5%で、常に2種類のポイントが貯まるようになっています。

ビックポイントはSuicaにチャージできますし(ビックポイント1,500=Suica1,000円分)、JRE POINTもビックポイントに交換できます(JRE POINT1,000=ビックポイント1,000)。

おすすめ3. Suicaで合計10%還元!「ビューゴールドプラスカード」

ビューゴールドプラスカード

「ビューゴールドプラスカード」はゴールド特典が付くため、通常のビューカードよりもさらにおトクです。先ほどご紹介した「VIEWプラス」のポイントアップも、ゴールドならこうなります。

  • 「えきねっと」JRのきっぷを予約・決済:8%+2%
  • 「モバイルSuica」グリーン券購入:8%+2%
  • 「モバイルSuica」定期券購入:4%+2%
  • 「モバイルSuica」チャージ、オートチャージ:1.5%
  • 「Suica」オートチャージ:1.5%

「えきねっと」予約と「モバイルSuica」グリーン券なら合計で10%還元、「モバイルSuica」定期券は合計で6%還元です。

モバイルSuica定期券を利用する方や、出張の多い方ならビューゴールドプラスカードの方がおすすめです。還元率も高い為、年会費の元を取ることは難しくありません。

また以下のレベルの高い特典が適用されることも、ビューゴールドプラスカード会員のメリットです。

  • 東京駅構内のビューゴールドラウンジが使える
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険(自動付帯)
  • 年間300万円までのショッピングプロテクション(海外/国内)
  • 空港ラウンジサービス(国内主要空港+ハワイ国際空港)
  • ABC空港宅配 15%オフ
  • 防寒具一時預り 10%オフ
  • レンタルモバイルサービス 15%オフ
  • ホテル宅配便サービス 1個100円オフ
  • ABCホテルエクスプレス便 1個100円オフ

家族会員1人目の年会費が無料になりますので、既婚者の方にもおすすめの1枚です。

おすすめ4. マイルを貯めたい方におすすめ!「JALカードSuica」

ジャルカード スイカ

マイルを貯めてお得に旅行を楽しみたい方におすすめの1枚が、「JALカードSuica」です。こちらのカードはマイルとJRE POINTの両方が貯まるビューカードです。

このカードはスタンダードタイプですので、Suicaの「VIEWプラス」のJRE POINTの加算については、先ほどのゴールドの表ではなく、最初にご紹介したスタンダードタイプの表をご参照ください。

JALカードSuicaでは200円使う度に1マイル貯まりますが、ショッピングマイル・プレミアムに加入すると、積算マイルが2倍になります。

ショッピングマイル・プレミアムの年会費とJALカードSuicaの年会費を合わせると、合計で毎年5,500円が必要となりますが、それ以上のマイルが貯まることで人気のサービスです。

【JALカードショッピングマイル・プレミアム】
・年会費:3,300円(税込)
・マイル付与率:100円で1マイル

ショッピングマイル・プレミアムに加入したら、公共料金などもぜひJALカード決済に切り替えてくださいね。またこのカードでは、以下のボーナスマイルが貯まります。

  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの10%プラス

またJALカードSuicaには、海外・国内旅行保険どちらも自動付帯しますので、出張の機会が多い方や旅行好きの方は要チェックの1枚と言えるでしょう。

Suica&ビューカードのペアが最強

Suicaは便利なだけでなく、ポイントもよく貯まる交通系電子マネーです。ポイントを貯めるにはコツがあって、まずJRE POINTサイトにSuicaを登録すること、そして必ずビューカードでチャージすることです。

こうすることで買物や乗車でポイントの2重取りが可能になります。

ビューカードにはポイントが貯まる仕組みがたくさんありますから、得するチャンスを見逃さないよう気をつけてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
A.S
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/08/28最終更新日:2021/08/28

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.