たびこふれ

冬の北陸~パワースポット巡り~

記事投稿日:2019/12/24最終更新日:2019/12/24

Views:

東京から北陸へは新幹線か、小松空港を利用するというイメージですが 今回は、全国初「搭乗率保証制度」を導入している「のと里山空港」を利用して行ってきました。そこでの素敵な出会いを紹介したいと思います。

目次

時を忘れるイルミネーション

輪島にある「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、冬期は「あぜのきらめき」というイルミネーションのイベントが行われています。1,004枚の棚田に25,000個のLEDが光り、15分おきに4色に色が変わる様は圧巻で、寒さも忘れて見入ってしまいました。この棚田には有名人がオーナーになっている田んぼもあります。探しながらあぜ道を歩いてみるのも楽しいと思います。

イルミネーション①.JPG

イルミネーション②.JPG

イルミネーション③.JPG

青のイルミネーションは時間の関係で見れませんでした。

白米千枚田

全国でも珍しい「どぶろく」をつくっている神社

石川県にある2000年あまりの歴史をもつ天日陰比咩神社(あめひかげひめじんじゃ)は、「どぶろく」をつくっている、全国でも数少ない神社です。入り口では、珍しい、逆立ちした狛犬がお出迎え。かわいい表情に思わず笑顔になります。

狛犬.JPG

神主さんから神社の歴史などのお話を聞き、お祓いをしていただいた後、12/5にできたばかりのどぶろくをいただきました。甘みがありとてもおいしく、ありがたい気持ちになりました。神主さんからお酒はお祓いの意味もあると聞き、さらにパワーをもらえた気がします。

どぶろく①.JPG

どぶろく②.JPG

また、この神社には、樹齢500年以上のご神木、樹齢600年あまりの楓の木もあり、木からもパワーをもらえます。しばし木に触れパワーをもらいました。毎月パワーをもらいにくる人もいるそうです。

ご神木.JPG

楓.JPG

パワーにあふれた天日陰比咩神社。雪囲いされたお社は、冬ならではの景色で、風情がありました。

お社.JPG

天日陰比咩神社(あめひかげひめじんじゃ)

息をのむ夕日

境内に歌舞伎の勧進帳(かんじんちょう)の舞台にもなった「安宅の関跡(あたかのせきあと)」がある「難関突破の神様」安宅住吉神社(あたかすみよしじんじゃ)。

安宅住吉神社①.JPG

安宅住吉神社②.JPG

巫女さんから、義経、弁慶、関守富樫の心温まる話を聞き、「難関突破」の強い心添えをいただきました。

3人の像.JPG

海沿いにある「安宅の関跡」まで足を運ぶと、ちょうど太陽が海に沈むところに出会えました。美しさに感動して、あっという間に沈んでいく太陽を無心でみていました。

夕日.JPG

日没の時間にあわせていくと素晴らしい景色に出会えます。

安宅住吉神社

最後に

冬の北陸というと「食」のイメージが強いですが、冬ならではの素晴らしい景色がたくさんあります。皆様パワーをもらいに是非訪れてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
yasumint
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/12/24最終更新日:2019/12/24

Views:

石川のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.