たびこふれ

ウキウキ日帰りバスツアー♪岡山の秋彩観賞とグルメの旅!

記事投稿日:2019/12/18最終更新日:2021/09/27

Views:

松茸

みなさん、こんにちは!冬の足音が近づいてきましたね。

毎日忙しくする中、私は「秋」を感じに、松茸3本付き!というウキウキ度MAXになるツアーの名前に惹かれ、岡山の秋彩を観賞すべく日帰りバスツアーに参加してきました。

こちらのツアー、岡山県新見(にいみ)市から助成金を受けて実現したツアーらしく観光も食事も盛りだくさん!

岡山備中の紅葉名所へ行けたり!秋の味覚が堪能できたり!

隣県と言えどもまだ知らなかった岡山県の新見市をまさに「新発見!」する旅になりそうです♪

目次

自然と大地の歴史を感じる「井倉峡」

井倉峡

岡山県新見市は中国山地に面しており、雄大な自然が広がってます。

そんな中訪れたのは「井倉峡(いくらきょう)」。ダイナミックな自然を感じる渓谷です!

直立した絶壁の高さはなんと240メートルもあるそうです。頂上が白っぽいのは雪ではなく石灰岩の岩肌です。

井倉峡

紅葉真っ盛りのシーズンが少し過ぎていたのがちょっと残念・・・。川の流れが穏やかで河原の散策を楽しみました。

井倉峡

また、ここには「井倉洞」という全長1,200メートルの鍾乳洞もあります。

新見市にはこの他、大小200の鍾乳洞が点在し、知る人ぞ知る鍾乳洞の街ということなので、今度はゆっくり鍾乳洞めぐりをしてみたいなと思いました!

>>井倉峡の情報はこちらから

紅葉スポット「絹掛の滝」

絹掛の滝

井倉峡のほど近くには「絹掛の滝(きぬかけのたき)」があります。

この日は高さ60メートルから流れ落ちる水の流れが緩やかで、まさに絹糸をまとったような滝の風景でした。

絹掛の滝

オレンジや紅に染まった木々に囲まれた滝のそばには、お不動さんが祀られています。

駐車場からすぐ見上げられる滝は、ドライブ中のちょっとした癒しになりました♪

>>絹掛の滝の情報はこちらから

和牛の中の和牛「千屋牛」!

さて、旅の楽しみといえば、ご当地グルメ!

新見市の推しグルメは「千屋牛(ちやぎゅう)」♪

~日本最古の蔓牛(優良な系統牛"和牛の中の和牛")として知られる千屋牛は、高梁川源流の豊かな自然環境のもと、餌にこだわって「優良」「健康」「安全」「安心」「信頼」をコンセプトに肥育されている黒毛和種です。~(新見市公式観光サイトより引用)

千屋牛

このツアーでは千屋牛の陶板焼きが用意されていました。

10 済.jpg

さっそく、お肉をアツアツの陶板でジュ~♪ 赤身ですが、とってもやわらかくて美味でした♪

この千屋牛、なかなか市場には出回らないらしく、ファンの方は隣の道の駅でたっぷり購入されていました。

雅な庭園「衆楽園」

衆楽園

新見市のお隣津山市にある「衆楽園(しゅうらくえん)」にも行ってまいりました。

池

こちらは大きな池の周りをお散歩できるようになっています。

池にかかる橋

おもしろいのが、池の小島へとつながれている橋たち。

いろんな形状の橋になっていて、細い板だったり、アーチになっていたり。

池

あいにくの曇り空ですが、池と紅葉のコントラストはとても美しい風景でした。

さざんか

園内にはさざんかの花も咲いていましたよ!

>>衆楽園の情報はこちらから

WOW!秋の味覚「松茸」をお土産でもらいました!

松茸

じゃーーん!松茸です!!!

ツアー参加者全員にお土産がありました。

香りは控えめな松茸さん達でしたが、やはり普段おうちでは見かけない秋の味覚♪

どうやって食べようか、帰ってからも楽しみです。

おむすびの名店「むさし」のお弁当!いただきま~す

今回のバスツアーでは、バスでいただくお弁当も付いてました。

おむすび弁当

広島の有名なおむすびの名店「むさし」のお弁当です!

おむすび弁当

さっそくいただきます!

安定の美味しさでペロリと完食いたしました。

栗ソフト&桃の商品多めの自販機!?

栗ソフトクリーム

ドライブ中の楽しみといえば、サービスエリアや道の駅にあるソフトクリーム!

今回のドライブ途中では栗ソフトに出会えました。

自動販売機

ふと自動販売機を見ると・・・

桃の商品がそろっているのは岡山ならでは!?

広島ではあまり見かけないラインナップなので、おもわず写真に撮ってしまいました。

最後に

穏やかな時間が流れる岡山県への日帰り旅行でした。

初めて出会う風景・食事が多く、まさに新発見!

これから冬を迎えると、新見市は雪深くなりスキーシーズン到来。

春夏秋冬変わる景色と、変わらない美味しさの千屋牛グルメ。

まだまだ新たな発見がありそうな岡山県新見市に、皆様もぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>日帰りバスツアーの情報はこちらから

日帰りバスツアー関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
SAK
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/12/18最終更新日:2021/09/27

Views:

岡山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.