たびこふれ

ドバイでリゾート体験をして感じた魅力をご紹介します

記事投稿日:2019/06/16最終更新日:2019/06/16

Views:

目次

ドバイって中東にあるんだよね?安全なの?

アラビア半島の東に位置するアラブ首長国連邦、7つの首長国のうちの一つがドバイ首長国で日本からは羽田、成田、関西の3つの空港から直行便が毎日飛んでいます。

飛行時間は11時間ほどだからヨーロッパやアメリカくらいの感覚で行く事が出来ます。
中東というと物騒なイメージがありますよね、ドバイ首長国の宗教はイスラム教。イスラムというと「ちょっと」と感じるかもしれませんが、ドバイの街中はゴミが全く落ちていない清潔なイメージ。人懐こくて親切な人々。夜に一人で歩いても安全というのがドバイで過ごした感想です。

RIMG0059[1].jpg

DSC_0356_00001[1].jpg

世界一の建造物 バージュカリファ

高さ828メートル、160階建てのビル。バージュは塔の意味。カリファ(ガイドブックにはハリファとも)は人の名前。つまりカリファさんの塔。

展望台は124階と125階部分にあり高さ440メートルからの風景を見下ろします。
バージュカリファが建つダウンタウン地区はドバイモールやドバイファウンテンなどショッピングや見どころが盛りだくさんです。

RIMG0028[1].jpg

RIMG0068[1].jpg

なんと!こんなにきれいな海が!ビーチでゆったり

三日月形のホテルがランドマークとなっているジュメイラビーチをはじめ、ラ・メールビーチやパームビーチなど日本語で言うと海水浴場があちこちに点在していて思い思いに過ごす人を見かけます。

ビーチもゴミ一つないきれいに整備されていて、シャワーやトイレも完備されています。

DSC_0384_00001[1].jpg

DSC_0387_00001[1].jpg

DSC_0400_00001[1].jpg

オールドドバイとスークでドバイの真髄を知る

歴史地区のアル・ファヒーディとスーク(市場)はこれぞドバイ、これぞ中近東の風情を存分に味わえます。
アル・ファヒーディ歴史地区は外見は昔ながらの街並み、中に入ると近代的なホテルやカフェになっています。ゴールドスークは金などの貴金属を扱う店が、スパイススークには香辛料やスカーフ、土産物を売る店が立ち並んでいます。スパイススークの売り子の兄ちゃんたちは意味不明な日本語で人懐こく声をかけています。

DSC_0412_00001[1].jpg

RIMG0189[1].jpg

RIMG0196[1].jpg

DSC_1130[1].jpg

砂漠に行こう!4WDでクルーズ

世界各地の砂漠あれど、砂漠の中を車で駆け回れるのはドバイだけ、とか。
子供、妊婦、高齢者は参加不可といわれるくらい、ある時はジェットコースターのように、ある時はコーヒーカップのように真っ赤な砂漠を4WDが駆けまわります。車酔いしやすい人は酔い止めの薬を服用してからチャレンジしてくださいね。ドバイ市内から1時間ほどのところにある砂漠に行きますよ。
バーベキューのキャンプではらくだに乗ったり鷹狩のデモンストレーションを見たり、日没の頃からバーベキューが始まります。心もお腹も満たされる小旅行でした。

DSC_1143[1].jpg

DSC_0529_00001[1].jpg

DSC_0519_00001[1].jpg

やっぱりホテルが素晴らしい!

旧市街、新市街、ビーチなど様々な場所に数え切れないほどのホテルが建っています。
せっかくドバイへ行くならホテルライフを満喫できるデラックスホテルがおすすめ。
ビーチ沿いのホテルはプライベートビーチを持っているのでわざわざ出かけなくてもウォーターライフが楽しめます。ダウンタウンのホテルは夜ごと繰り広げられる噴水のショーやモールでショッピングを楽しめたり出来ます。

インターナショナルな食事も楽しめますが、私のお勧めはカレーです。
そんなドバイに行ってみませんか?

DSC_0319_00001[1].jpg

DSC_0354_00001[1].jpg

RIMG0098[1].jpg

RIMG0105[1].jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
えいた
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/06/16最終更新日:2019/06/16

Views:

アラブ首長国連邦のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.