たびこふれ

3日間で巡った!ドラマの舞台となった熊本と世界遺産で有名な長崎!

記事投稿日:2019/04/02最終更新日:2019/04/02

Views:

目次

見たかった九州のホットなスポット

今回訪れたのは、2019年度の歴史ドラマの舞台となっている『熊本』と、世界遺産で有名な『長崎』です!共に、注目のスポットを3日間で巡ってきました。平日にも関わらず、観光地は大変賑わっていました。

お出迎えは、今をときめく『あの方』でした!

日曜日の20時といえば、歴史ドラマが欠かせないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。2019年度の歴史ドラマの主人公のひとり、マラソンの父、金栗四三さんの銅像が私を出迎えてくれました!

190122_sawada_1.jpg

関西から山陽新幹線に乗り、その後九州新幹線と乗り継ぎ、新玉名駅に到着しました。駅の構内を出たすぐのところに、金栗四三さんの銅像がありました。まるで、私の訪問を歓迎してくれているかのように感じました。そんな歓迎ムード漂う中、私の旅はスタートしました。

『大河ドラマ館』と『金栗四三ミュージアム』にて、金栗四三さんについて学ぶことができます。

190122_sawada_2.jpg

190122_sawada_3.jpg

私自身、ドラマを1話しか見ていませんでしたが、展示されている内容は非常にわかりやすく、現時点で放送済みの内容が展示されています。室内全体には映像も映し出されています。かなり印象深い施設でした。

いだてん大河ドラマ館

■住所:熊本県玉名市繁根木163
■電話番号:0570-06-5588(受付:9:00~17:00)
■ウェブサイト:https://kanakurishisou-taiga.com/
■開催期間:2019年1月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)


金栗四三ミュージアム

■住所:熊本県玉名郡和水町大田黒623-1
■電話番号:0968-34-4300
■ウェブサイト:http://www.kanakurishiso.jp/user_data/museum
■開館期間:2019年1月11日(金)~2020年1月13日(月・祝)

長距離移動には、まず腹ごしらえ。

関西ですき焼きと言えば『牛肉』ですが、熊本では『豚肉』となってしまいました(笑)
その名も【くまもっトンすき焼き】です♪

190122_sawada_4.jpg

写真右側の白いフワフワはなんと綿菓子です!
綿菓子をお鍋に入れるところから、すき焼きがスタートします!(綿菓子が溶ける瞬間に衝撃を覚えます!)
その後、卵を絡めて頂きました。トマトは熊本の名物です。蒸しトマトもおいしかったです☆

今回お昼を頂いたのは、「きくすいの里」さんでした。

190122_sawada_5.jpg

熊本市内より北部、菊水インターチェンジの近くで便利な場所にあります。

きくすいの里

■住所:熊本県玉名郡和水町前原276-1
■電話番号:0968-86-5055
■ウェブサイト:http://www.kikusuinosato.com/index.html

食事後は、国指定重要文化財の『八千代座』にもお邪魔しました。
建物もさることながら、案内していただいたガイドさんのトークのテンポに脱帽しました。
お客様を飽きさせないトーク力は、本当に勉強になりました。

190122_sawada_6.jpg

190122_sawada_7.jpg

歌舞伎をあまり見たことのない私にとっても、館内の見学は本当におもしろかったです。
「ここは演者さんが走り抜けるところですよー」
「ここに、ぎっきりお客さんを詰め込んで、がっちり稼いでいました」
というような、おもしろい話も聞くことができました。写真の白い部分が、「タテガミ」だそうですよ。

八千代座

■住所:熊本県山鹿市山鹿1499番地
■電話番号:0968-44-4004 
■ウェブサイト:https://yamaga.site/?page_id=2

190122_sawada_8.jpg

話は変わってしまいますが、皆さんは熊本名物の馬刺しはお好きですか?私は正直ちょっとにおいがなーって思ってましたが、せっかく熊本に来ているのでチャレンジしてみることにしました。本当においしかったです!!あの不安はどこへやら気が付いたら完食していました(笑)

フェリーで移動し長崎へ。鳥に襲われました(泣)

熊本の市内に泊まった翌日は長崎に向かいました。熊本港から島原港へはフェリーで移動します。乗船前に日本一のゆるキャラ「くまもん」とお別れしました。

190122_sawada_9.jpg

デッキでは鳥の餌としてお菓子が売られていました。お菓子を買った瞬間に、たくさんの鳥が集まってきました。

190122_sawada_10.jpg

最初はお菓子を投げていましたが、だんだん鳥が近づいてきたので、手の平に乗せたら真近くまで寄ってきました。
たくさんの鳥に若干の恐怖を覚えていましたが、お菓子がなくなった瞬間に去っていってしまいました。鳥の習性に感心致しました。

長崎の世界遺産を探訪!

有明海を渡り終え、島原からは長崎県です。
やはりお腹がすいたので、近くのお店で名物の「ちゃんぽん」を頂きました。

190122_sawada_11.jpg

野菜や肉を炒めて濃いめのスープで味付けし、麺を投入して出来上がりです。器を見てみるとものすごいボリュームに、これが一人前かと驚きました。濃いめのスープに太い麺、満腹になりました。

食べた分ぐらいは運動しないといけないと思い、長崎市は南山手地区にある世界遺産の大浦天主堂へ向かいました。

190122_sawada_12.jpg

最近リニューアルされ、昔はなかった資料館も見学できるとのことでまったりと見学しました。認められた筈のキリスト教がいかに迫害を受けたのか。また、なぜそれでも人々が布教を伝え続けようとしたのか。その真相を資料館にて知ることが出来ました。あまりの不遇な対応に、心が切なくなりました。

大浦天主堂

■住所:長崎県長崎市南山手町5−3
■電話番号:095-823-2628
■ウェブサイト:https://nagasaki-oura-church.jp/

世界遺産は長崎市内だけで充分かと思っていましたが、キリスタン関連遺産群も見たくなりさらに旅を続けました。

190122_sawada_13-thumb-700xauto-106154.jpg

長崎港から、ジェットフォイルで五島列島へ!

2018年7月に世界遺産に登録された遺跡は、正確には『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』という名称です。

190122_sawada_14.jpg

写真の、ほぼ中央にある小さい十字架は分かりますでしょうか。迫害から逃れるために、断崖絶壁のこの洞窟で月日を過ごした人々がいたそうです。

下の写真は昔ながらの旧五輪教会です。世界遺産に含まれていますが、館内を撮影することが出来ました!!写真として残せることに喜びを覚えました。

190122_sawada_15.jpg

190122_sawada_16.jpg

旧五輪教会

■住所:長崎県五島市蕨町五輪
■ウェブサイト:http://kyoukaigun.jp/visit/detail.php?id=14

2日目は五島・福江島に宿泊!!王国に泊まっちゃいました!

五島・福江島の、その名も『五島コンカナ王国』です!

190122_sawada_17.jpg

190122_sawada_18.jpg

190122_sawada_19.jpg

ワイナリーもあり敷地が広大です。訪れた日はお天気で、星空も綺麗でした!王国気分を味わうことができます。
ある節によると、照明の明るい都市から100km以上離れた方が星が輝くそうです。
福江島は、長崎市内からちょうど100kmぐらい離れているんです!だから、星空がきれいなのですね。

190122_sawada_20.jpg

うっとりと星空を眺めながら、贅沢な刺身の船盛を頂きました。

五島コンカナ王国

■住所:長崎県五島市上大津町2413
■電話番号:0959-72-1348(代表)
■ウェブサイト:https://conkana.jp/

福江に残された遺産

190122_sawada_21.jpg

『この先は歩こう。』と、道路の真ん中に置かれた看板があります。

これは、車両進入禁止の看板なのです!さりげない案内に、島の優しさを感じました。

190122_sawada_22.jpg

190122_sawada_23.jpg

堂崎教会・水の浦教会を鑑賞して、福江空港から長崎空港と乗り継ぎ、関西に帰ってきました。

堂崎教会

■住所:長崎県五島市奥浦町堂崎2019


水の浦教会

■住所:五島市岐宿町岐宿1644

3日間の旅を終えて

今回は移動距離も長かったですが、九州で最近話題の2大スポットを訪れることが出来ました!

今後旅を楽しむにあたり、決意したことがひとつあります。
それは観光スポットや観光地について、事前に少しでも学習してから出かけるということです。そんな決意を胸に、私は次の旅に向かいます。次は、2月の長崎のランタンフェスティバルに行ってみたいと思います!

190122_sawada_24.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
奈良鹿
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/04/02最終更新日:2019/04/02

Views:

長崎のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.