たびこふれ

サンパウロも大盛り上がり!2019年のカーニバル

記事投稿日:2019/04/11最終更新日:2019/04/11

Views:

ボン・ジーア(訳:おはようございます)!ゆまです。
世界的に有名な"リオのカーニバル"ですが、じつはブラジルでは国中でカーニバルが行われているのを知っていますか?期間中はリオと並び有名な伝統的カーニバルが催される北東のサルバドールやレシフェなど、各地で大盛り上がり。もちろん、サンパウロにだってカーニバルはあります。今回はそんなサンパウロのカーニバル模様をお届けします。

目次

そもそもカーニバル(謝肉祭)って?

カーニバル(謝肉祭)は、元々はカトリック教会の文化圏で行われる行事です。四旬節が始まる水曜日の前夜に開催され、肉断ちをする前に「遊んで騒ごう!」という趣旨で催されます。仮装してパレードを行ったり、お菓子や花を投げたり、現代ではどんちゃん騒ぎを行う意味合いが強くなりました。

サンパウロのカーニバルには二種類ある!サンボードロモのパレードとブロッコ。
リオでもそうですが、サンパウロのカーニバルには二種類あります。サンバパレードの専用スタジアムであるサンボードロモで、各サンバチームが競技大会を行うもの。外国で知られているカーニバルはこちらです。一方ブロッコとは、路上で小規模のグループが仮装姿で街を練り歩くもの。地域に根付き、日中から夜中過ぎまでお祭り騒ぎが繰り広げられます。

写真②.JPG

エスコーラ・デ・サンバ(サンバ学校)とは?

エスコーラ・デ・サンバ、通称エスコーラは、「サンバ」を核にした地域コミュニティです。それぞれのエスコーラで何千人ものチームを作り、本番に臨んで練習を繰り返します。カーニバルではテーマ曲(サンバ・エンヘード)や衣装(ファンタジア)を決め、決められた時間内にパレードを終えます。エスコーラの参加者は、毎週欠かさず練習するメンバーもいれば、当日数合わせのために参加する人も。

写真③.JPG

サンバの競技大会って何するの?

サンパウロの場合、アニェンビーという場所にあるパレードの専用スタジアムで競技大会が催されます。本番では、時間内にパレードを終えられるか、技術的に優れているか、ダンスや歌は揃っているかなど細かくチェックされます。全てを総合した点数が高いチームの勝ち。その年の優勝チームとして、最終日にもう一度パレードをすることができます。

写真④.JPG

いつ参加するのがベスト?

2019年のカーニバル期間は5日間、年によって時期は異なりますが、今年は3月1日から5日まででした。この間に1部リーグの「エスペシャル・チーム」が参加するのは、最初の2日間、今年は1日と2日。特に2日目は上位チームが勢ぞろいのハイレベルな戦いとなります。チケットの人気も2日目が圧倒的でした。ただし、その分売り切れるスピードも早いです。

写真⑤.JPG

実際に参加してみた!

今年は縁があり、サンパウロのエスコーラの一つに参加させてもらいました。日本人がエスコーラに入らずに参加するには、現地で旅行社(トレンディ・ツーリズモさんなど)のサンバツアーに参加する方法があります。参加費は1万円以上。ちなみにスタートは夜の22時半や23時などかなり遅いので、当日はたっぷり睡眠をとった上で参加することをおススメします。ちなみに、観戦するだけであれば、現地にある日本の旅行代理店に頼んでください。

始まるまでの時間に耐えるのが楽しむコツ

パレードは始まるまでが大変!集合時間が決まっているので、自分の出番まで待たなくてはなりません。1番目、2番目と早い順番であれば問題ないのですが、3番目、4番目以降も同じ場所で自分たちの番を待つのはなかなか過酷...。楽しいカーニバルのためには、避けて通れない道なのです。

写真⑥.JPG

始まったらあっという間!

デスフィーレ(パレード)は、始まったらあっという間!一つのチームが約60分の間デスフィーレを続けますが、実際に会場にいるのは20分間ほど。これより早くても遅くても減点対象になります。また、デスフィーレ中は歌や踊り、ペースを合わせながら動かなくてはなりません。このことに気をつけながら必死に行進していると、あっという間に終わってしまいます。

写真⑦.JPG

参加したからこそ分かる、カーニバルの魅力

カーニバルは華やかさばかりが強調されがちですが、厳しい練習に耐え、本番で精一杯力を出し切ると何ともいえない楽しさが味わえます。私の場合はほとんど練習せず臨んだのですが、一生懸命歌って踊りながら、時折カメラに目を向けて歩くだけでも楽しかったです。この連帯感やサンバのリズムに身を任せる楽しさは、病み付きになりそう。美しい衣装を身にまとい、夜通しお祭り騒ぎを続けてこそ、ブラジルに来た甲斐があったと感じられます。

参加する際の注意事項

・寒いので防寒着を持って行くこと!夜は予想以上に冷え込みます。
・傘は禁止なのでレインコート必須。
・交通網を確保しておくこと。会場の周りは道路が塞がれ、たどり着くのも一苦労です。

写真⑧.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
ゆま
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/04/11最終更新日:2019/04/11

Views:

ブラジルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.