たびこふれ

旅は道連れグランドサークル【Part 3】

記事投稿日:2019/03/13最終更新日:2019/03/13

Views:

今回はホピ族の村に、寄り道しながら、アリゾナ州から先プエブロ人の古代遺跡が多く点在しているコロラド、ニューメキシコ州廻りのルートをご紹介します。

目次

<1. スタートする前のチェックポイント!>

<2. あちこち寄り道のサンプルコース>

<3. 最後に>

1. スタートする前のチェックポイント!

No1.jpg

1.1 ナショナルパーク・フリーパスデーがあるんですよ。

今年2019年は、下記の日にちがフリーパスデーになります。
この頃プランされてる方はラッキー!ですね。

  • 1/21:Birthday of Martin Luther King, Jr.
  • 4/20~4/28:National Park Week
  • 8/25:National Park Service Birthday
  • 9/28:National Public Lands Day
  • 11/11:Veterans Day

※その年によって、日にちが変わるので以下のURLを要チェックです。

https://www.nps.gov/planyourvisit/fee-free-park

1.2【America the Beautiful National Parks Pass】について

ナショナルパークを3か所以上廻りたい場合には、元が取れてしまうほどお得なAmerica the Beautiful National Parks Passをご存知ですか?このパスひとり購入で、ひとり当たりの入園のパークの場合には、合計4人まで、車両タイプの場合には、1台(ミニバン7~8名くらいまで)入園できます。

米国の国立公園(1年有効)パス $80

米国国立公園、レクリエーションエリアも含めて、2,000ヵ所以上使用可能です。ネットで購入をおすすめします。

https://www.nationalparksandmore.com/national-park-pass/

米国政府が閉鎖されたときには、こちらのサイトからの購入ができないこともあるので、REI(アウトドアショップ)のブレンチでの購入がおすすめです。

 
【購入方法】

ネット購入で郵送、または現地でピックアップもできます。ちなみに、REIは、グランドサークルの寄港地すべてにブレンチがあるので、スタートする前にREIに寄って、このパスをピックアップしながら、旅に必要なもの(マップやウォーターボトルなど)を備えるのもいいでしょう。

https://www.rei.com/product/154691/america-the-beautiful-national-parks-pass-20192020

REIのストアーロケーション
https://www.rei.com/map/store

1.3 グランドサークルのパークサイト

休日、料金の有無、ハイキングコースなどチェックできます。山火事、鉄砲水などで、一時閉鎖などのお知らせがアップされたりするので、春から夏ににかけて、アンテロープキャニオン、ウエイブに行く人は、事前に確認したほうがいいと思います。

【グランドサークルの国立公園】

「America the Beautiful National Parks Pass 」使用可能

【国定公園/州立公園】

国立公園のパスは使えないので、入場料金が必要になります。

【その他】

自由に廻れますが、ガイドが必要な場合もあります。

1.4 米国のお天気 

天気は以下のURLを参照ください。

https://www.weather2travel.com/april/united-states/arizona/monument-valley-az.php

1.5 日の出日の入り

日の出日の入り時刻は以下を。

https://sunrise-sunset.org/search?location=Momument+valley

1.6 Wi-Fi

ホテルやレストランの近くは、大丈夫なのですが、ドライブしていると時々ローミングになるエリアがあるので、地図やロードナビゲーションなどは、キャプチャして保存して置くといいと思います。

2. あちこち寄り道のサンプルコース

2.1 寄り道その1:WindowRockから、ナバホ族、ホピ族を廻る

ここもあまり、観光ルートには載っていませんが、ウインドウロックからがナードのドライブも森林地帯で気持ちよく、ネイテイブアメリカンのナバホ族とホピ族の文化に触れることができるルートになります。

Hubbell Trading Post ハッベル・トレーディング・ポスト

No2.JPG

このHubbell Trading Postは、1876年にオープンしたという、歴史を感じる数少ない場所です。

外観は殺風景ですが、中に入るとトレードが行われていたころの雰囲気で、日用品も揃えていて、ナバホの織物、ジュエリーなどの本物も勢揃い、中には購入できるものもあります。図書館にもないような秘蔵な本も数々あり、ゆっくりできる空間にもなっています。

■住所:1/2 Mile W. Hwy. 191, Ganado, AZ 86505
■営業時間:4月下旬-10月中ごろ:8~18時、10月中ごろ-4月下旬:8~17時
■ウェブサイト:http://www.hubbelltradingpost.org/

Hopi Mesa

No3.JPG

カナードから国道264を西へ、Keams Canyon(キームスキャニオ)を超えると、ホピの伝統的な村 Polacca(ポラッカ)のサインが見えてきます。ここポロッカはファーストメサで、儀式を司るクラウンの人々が暮らしていたそうです。

ガナードからファーストメサを超えて、セカンドメサのThe Hopi Culture centerまで、1時間くらいです。途中ファーストメサとセカンドメサの間くらいの見晴らしの良いところで、写真撮影するのもおすすめです。

The Hopi Culture Center

The Hopi Culture Centerには、ミュージアム、ギャラリー、レストラン、キャンプ場なども隣接しています。地元のアーテイストの作品も、ホテルの前のブースで購入できるようになっています。ちなみに、上の写真のカチーナドールは、ここで購入したものですが、とうもろこし(食べもの)の精霊、ランナー(健康)の精霊をイメージして作ったそうです。お値段はサイズによりますが、$40~$150

住所:AZ-264, Second Mesa, AZ 86043
■電話番号(Hotel):(928)734-2401
■電話番号(Restaurant):(928)734-2402
■メール:info@hopiculturalcenter.com
■ウェブサイト:http://hopiculturalcenter.com/

【宿泊について】

Hopi Mesaでは、ホテルはこのThe Hopi Culture Centerの1件のみですが、予約取れなかった場合でも、隣にキャンプするスペースもあり、Hopi Mesaを観光した後、Tuba City、Camelonで宿泊する方法もあります。

この後、テューバ・シティからグランドキャニオン、ルート66、セドナ方面、またはアンテロープキャニオン、ホースバンド、ページからユタ州方面も廻れます。

2.2 寄り道その2:モニュメントバレーからコロラド、ニューメキシコ州古代遺跡廻り

TEEC NOS POS TRADING POST

No4.JPG

No5.JPG

No6.JPG

No7.JPG

カヤンテからHighway 160を東に向かい、フォーコーナーズに入る道のコーナーにあります。小ぶりなガソリンスタンドもあるので、見つけやすいと思います。

なかなかローカルなセブンイレブンのようなお店ですが、1905年創業だそうで、トレードが行われていたころの雰囲気が、ギフトショップと一緒になったような感じで和みますよ。オーナーの奥さんがナバホ族の方だそうで、ネイテイブアメリカンのハーブ、織物のツール、ウール、焼き物、モカシン、Tシャツ、マットなども置いています。

https://teectrading.wixsite.com/teectrading

Four Corners Monument 四重境界点記念碑

ユタ、コロラド、ニューメキシコ、アリゾナ州の4州の境界線が交差する場所です。このマークの上で写真を撮りたい人多いようで、夏のピークのころは順番待ちで長い列になります。

No9.JPG

Cortez コーテズ

No11.JPG

No12.JPG

No13.JPG

No10.JPG

フォーコーナーズから1時間くらい、田園風景を通り過ぎるとCortezです。

Mesa Verde(メサ・ヴェルデ)の近くには、ガソリンスタンドもスーパーマーケットもないので、給油(満タンで!)と食料の買い出しはここで済ませるようにしてくださいね。この夏、私たちも甘く見ていて、ガソリンが不足して大変でした。

Thai Cortez & Sushi

駐車場を見て、お客さんの入りがよさそうなので入ってみたところ、満席に近く、盛況でした。

タイ料理&すしの両方オーダーできるようになってます。サービスもよくて、久しぶりにヒット!また行きたいレストランです。お値段は飲み物入れて、ひとり$15くらいでした。

■住所:1430 E Main St. Suite D Cortez CO 81321
■電話番号:970-564-3151


Mesa Verde National Park メサ・ヴェルデ

No15.jpg

No16.jpeg

No18.JPG

昨年の夏、初めて訪れたMesa Verde(メサ・ヴェルデ)、スペイン語で【緑の大地】と呼ばれていて、想像以上に広大で標高も7000フィート以上。スタートする前からマップを見ただけで息切れしそうでした。

メサ・ヴェルデは、600年から1300年ころまで、先プエブロ人が暮らしていた住居群で、世界遺産にも登録されています。ヨーロッパから訪れる姿も多かったです。

園内だけでも5000以上の住居遺跡、600の岩窟住居があるそうですが、中でもCliff Paleceは、高級マンションのようでびっくりしました!このコロラド高原の地域は、ロッキーマウンテンの裾野にあたり、水が豊かで肥沃だったので、定住、移動タイプを含めると、20種族以上のネイテイブアメリカンの人々が暮らしていたそうで、人口密度も多かったのでしょうか?

まずは、エントランスの横にあるビジターセンターで、パンフレット見ながら参加したいツアー(5~10月のみ)に申し込んでから、ツアーのポイントに向かいます。でも途中で眺めがいいので、写真撮ったりしたら、1時間半以上掛かってしまい、ツアーの時間にぎりぎりセーフで冷や汗ものでした。行きはツアーポイントまで先にゆき、帰りにオーバールックがおすすめですね。この遺跡は整備されていて、自分たちで廻れるループも多いのは、嬉しいです。

でも結構梯子が多いので、ハイキングシューズ、ミネラルウォーターは必需品!です。高所恐怖症の人は、マイペースで一番後ろの方からゆっくりがいいですね。

【レンジャーのツアー】

Cliff Palece(1時間)、Balcony House(1時間)、Long House(2時間)など、いくつかのコースがあります。料金は1ヵ所につき$5。ビジターセンターでチケットを購入できます。詳細は下記のサイトを確認してくださいね。
https://www.nps.gov/meve/planyourvisit/visitor_services_schedule.htm

【ハイクツアー】

以下のようなツアーがあります。

  • Balcony House Early Bird Tour (1時間半) 朝8時スタート
  • Balcony House Sunrise Tour (1時間半)日の出前にスタート
  • Cliff Palace Twilight Tour (1時間半)
  • Mug House (2時間)
  • Oak Tree House (2時間)
  • Spring House (8時間)
  • Square Tower House (2時間)
  • Wetherill Mesa Bike and Hike Adventure (4時間半)
  • Yucca House (3時間)

事前にこちらのサイトから$5~25チケットの購入が必要です。詳細は下記のサイトを確認してください。
https://www.recreation.gov/ticket/facility/233362/tours

【宿泊について】

Far View Lodge(5月~10月ころオープン)

http://www.guestreservations.com/far-view-lodge/booking?msclkid=f4b7ee698944185c7c2db2391eca323c

ビジターセンターでツアーに申し込んで、ゆっくり廻りたい人は、園内のロッジ、キャンプグラウンドを利用できるようになっています。

夏のシーズンは、$180~$200くらい 5月頃$125~$150

Campground

https://www.visitmesaverde.com/lodging-camping/morefield-campground/

2019年は4/18~10/16

※コーテズのホテルは、ピーク時でも$70~100くらいであります。


Durango (デュランゴ)

No20.JPG

デュランゴは、ロッキーマウンテンの裾野の街で、一時期ゴールド鉱山で栄えたことがあるそうです。今はシルバートンまで、高山鉄道が開通していて、春から秋は日帰りの観光地、冬はスキーリゾート地にもなってます。ロッキーの山々に囲まれた小さな街で、ハイウエイ沿いの川の水もとっても綺麗でした。近くにはフォートルイス大学があり、ダウンタウンはギャラリー、お洒落なカフェ、アウトドアーショップなどもあり、ウィンドウショッピングも楽しいと思います。

Chaco canyon チャコ文化国立歴史公園

No21.jpeg

No22.jpg

No23.jpg

この遺跡群は、850年~1250年ころ先プエブロ人によって築かれました。種族の中でも最大の中心地だったそうで、そのまま残っている唯一の場所でもあり、見た目には粗野ですが、巧妙な土木、灌漑技術、食料貯蔵庫、円形の儀式の部屋(キバ)、岩絵、宿泊施設など30以上の遺跡が残っていて、1987年ユネスコ世界遺産に登録されています。1000年~1300年頃は外部との交易の中心にもなり、ターコイズと材木、カカオ、食料のトレードなども行われていたと言われています。なんと材木は、うちの近くのチェスカマウンテンから運ばれていたそうでびっくりです!考古学、歴史、人類学、岩絵、天文学などに興味ある人に人気で、ドキュメンタリー番組でも取り上げられているようですね。小高いメサの上がUFOのステーションという噂を聞いて登ってみたところ、眺めが最高でした。一度ここでキャンプしてみたいです。

コロラド高原のあちこち(メサ・ヴェルデ、チャコキャニオン、キャニオンデーシェイ、ホヴンウィープ...)に点在して栄えていた先プエブロ人々は、1300年ごろに突然姿を消したといわれています。気候変化に伴い、川沿いに移住したという説も多いようです。ナバホ族の神話によると、先プエブロ人は超能力があり、飛ぶことができる人々だったそうです。

このパークのエントランスまで行く道が、なかなかワイルドなダートロードでした。雨水で浸食したガタガタ道、サイドは砂地で25マイルくらいあるので、4WDをおすすめします。

【ツアーについて】

Canyon Loop Driveを、パンフレット($1~$2)を参考に自分たちで廻るようになっています。無料のレンジャーツアーは、ビジターセンターで予約必要です。

  • Una Vida & Petroglyphs(1時間弱)
  • Hungo Pavi (30分くらい)
  • Pueblo Bonito (1時間くらい)
  • Chetro Ketl (1時間くらい)
  • Casa Rinconada(1時間くらい)
  • Pueblo del Arroyo(1時間くらい)
  • Petroglyph Trail (30分くらい)

https://www.nps.gov/chcu/planyourvisit/guidedtours.htm

Chaco Night Sky Program

5月から10月の金曜、土曜の日没ころチャコ天文台がオープンして、望遠鏡で夜空を眺めることができます。古代のネイテイブアメリカンの人々は、天文学にも長けていたそうで、思いをはせながら、のんびり過ごすのも最高です。1054年の【かに超新星】が現れたころ、古代のネイテイブアメリカンの人々は、どんな思いで空を眺めていたのかな?とか想像したりしています。

https://www.nps.gov/chcu/planyourvisit/nightsky.htm

【宿泊について】

Gallo Campground

キャンプグラウンドでキャンプすることができます。1スペース$15

https://www.nps.gov/chcu/planyourvisit/fees.htm

3. 最後に

いかがでしたか?次回は、モニュメントバレーからナチュラルモニュメントの多く点在しているユタ州の奥へと、ご案内してゆきたいと思います。Part 4もどうぞお楽しみに!

プロフィール画像
この記事を書いた人
スペンサーサチエ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/03/13最終更新日:2019/03/13

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.