たびこふれ

ホテルフェアモントが特別提供するカフェ「El cafecito(エル・カフェシート)」

記事投稿日:2018/11/10最終更新日:2018/11/10

Views:

海外旅行に出かけたら、高級ホテルに泊まりたい、有名なホテルで食事をしたい、と計画している方もいるのではないでしょうか?今回はメキシコ、カリブ海沿いの町プラヤ・デル・カルメンにあるFairmontホテルが提供する素敵なカフェについてご紹介します。

目次

高級感あふれるラグジュアリーなリゾートmayakoba/マヤコバ

photo1.jpg

メキシコのビーチリゾートとして知られているカンクン。カンクンからバスで約45分、プラヤ・デル・カルメンにとても人気の高級リゾートがあります。マヤコバと呼ばれるこちらのリゾートには、4つのホテルと毎年PGAツアーが開催されるゴルフコースがあります。

マヤコバ敷地内のホテルは、Banyan Tree、Fairmont、Rosewood、Andazで、どのホテルもとてもランクが高いのが特徴です。広大な敷地内は木々やトロピカルのプラントが生い茂っており、いわゆるマヤのジャングルの中をゴーカートで移動することができます。カリブ海とジャングル、大自然を肌で感じることのできるマヤコバ敷地内には、ユカタン半島に住む様々な小動物にも簡単に出会うこともできます。

photo2.jpg

高級リゾートとして知られるマヤコバですが、2015年に敷地内にカリブ海のビーチリゾートとは全く違う空間を作り上げました。この「El Pueblito」(エル・プエブリート)と呼ばれるエリアは、メキシコ中央部の美しいコロニアルタウンをそのまま持ってきたのかな?と思うくらいメキシコでよく見られるコロニアルスタイルの特徴が全てつまっています。

噴水やチャペルを囲んでお店やレストランが並ぶ。この特徴を、エル・プエブリートでも見ることができます。カリブ海ではコロニアルの雰囲気は味わえないので、カリブ海地方を訪れる旅行者にとっては、メキシコの他の地方の文化や雰囲気を味わえる良いチャンスとなっています。

photo3.jpg

ホテルFairmontのお洒落なカフェ「El cafecito(エル・カフェシート)」

カラフルな色の建物が並ぶ、可愛らしいエリアエル・プエブリート。じつは、マヤコバリゾートのホテルに宿泊していなくても、訪れることができます。違うホテルに泊まっていても、もちろん地元に住むメキシコ人も食事や買い物をしに行くことができるのはとても嬉しいですね。

レストランやカフェはマヤコバリゾートのホテルBanyan Tree、Fairmont、Rosewoodが一店舗ずつ提供しています。これらのレストランやカフェはホテル内のレストランと比べると、よりカジュアルタイプになっているので、値段もビックリするほど高くはありません。

photo4.jpg

私がおススメするエル・プエブリート内のカフェは、ホテルFairmontが提供しているカフェ、El cafecito(エル・カフェシート)です。エル・カフェシートは、小さいカフェですが、コーヒー・紅茶・ジュースの他に、ケーキやペイストリー、そして軽食も提供しています。ケーキは小さめですが、色どりも素晴らしくアート的なケーキが並びます。

ケーキは90ペソ~と、日本円で600円ほどからなので、ホテルが提供しているカフェと思えば、決して高くはありません。ペイストリ―は、50ペソ~なので、日本円で350円~になります。小さいカフェではありますが、店内で食事ができるほか、外のテラスでもゆっくりと食事ができます。

オリジナルグッズはお土産にもピッタリ

photo5.jpg

エル・カフェシート店内には、オリジナルグッズも販売しています。カップやノートブックが中心になりますが、シンプルにFairmontのロゴが入ったカップの他にも、メキシコ文化をポップなアートで表現したカラフルでお洒落なグッズも多数販売しています。これらのグッズは、素敵なお土産になること間違いなしです。

エル・カフェシートの営業時間は9時から18時までです。毎日営業しているので、カリブ海滞在中に時間ができたら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。マヤ文化とビーチ一色の雰囲気から、メキシコのまた違った色を味わることができますよ。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Yu Larraz
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/11/10最終更新日:2018/11/10

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.