たびこふれ

ガイドブックにもウェブサイトにものってない!でも地元の人から大人気のカフェ

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/29
最終更新日:2018/10/29

Views:

目次

地元のお店で朝ごはんを食べよう!

古着屋さんやおしゃれなレストランやカフェが立ち並び、日本からの観光の方たちもコースに入れるようになってきた街「ロスフェリッツ」。ちょうど私も日本からのお客様からのリクエストで久々に足を運んだのですが、ここでまずは朝食を!と立ち寄ったカフェをご紹介しましょう。

大きなパンケーキやワッフルに、ベーコンと卵3つをたっぷり使った朝からガッツリのアメリカンな朝食を思い浮かべ、この地域でパッと思いついたのは、「Fred 62」という地元住人に人気のダイナー的なレストラン。ところが、最近のLA (ロサンゼルス)の人は、ビーガン、ベジタリアン、グルテンフリーと健康に気を使うことがステータスなため、このレストランにもかなりこれらのメニューが充実しています。でも、このレストランは日本のガイドブックなどにも載っているので、それじゃ面白くない。そこで、こちらの人が目安にする食の口コミサイトで前出の「Fred 62」なども差し置いて上位にヒットした「Cafe Los Feliz」というお店に行くことにしました。

01.JPG

訪れてみると、うっかりすると通り過ぎてしまいそうな、なんともこじんまりとした可愛いお店。

ブリトーとベーグルを注文!

口コミサイトでは、ワッフルにさまざまなフルーツがたっぷり添えられいるものが人気のようで、お写真的にも映えるし、それ以上に美味しいそうでそそられたのですが、この日はどうも甘いものの気分ではなく...。そこで注文したのは「ブレックファスト・ブリトー」と「スモークサーモンとクリームチーズのベーグル」です。これを連れの友人とシェアすることにしました。

02.JPG

ブリトーは、ブレックファストなので、スクランブルエッグやハッシュドポテトやベーコンのほか、炒めたオニオンとチーズが入っているシンプルながらもボリュームタップリの一品。これに、同点オリジナルの手作りチポートレソースとピリ辛マヨをつけて食べます。びっしり詰まった具を包み込む、キレイに焼き色をつけたトルティーア。これがとても薄手で、食べる時に邪魔にならず具を楽しめる完璧なできです。今思い出してこうして書いているだけで、明日またこれを食べに行ってしまおうかな?と思うほど美味でした。

03.JPG

もう一品は、フレッシュなスモークサーモンに、トマトときゅうりを好みでトッピングして食べます。ベーグルはもちもち。これまたトルティーアと同じく分厚過ぎないのが、サーモンの塩辛さをしっかり味わえていい感じです。

マカロンやタルトなどのスイーツも充実

04.JPG

ここで注文して、席に座ります。ご家族で経営しているようなタイプのお店なのでしょうか?スタッフの人が、とっても温かい感じで迎えてくれた印象です。

05.JPG

店内のイーティングエリアは、とてもシンプル。この街にはとても個性的なカフェが多いだけに、返ってこのくらい何もないお店は、私としてはかなり好感が持てました。

06.JPG

そもそも、ベーカリーでもある同店。マカロンやフルーツタルトなどのスイーツも充実しています。もちろん、カフェなのでコーヒーの味も◎。この通りに、ブルーボトル・コーヒーもありますが、そこよりコーヒーを買いに立ち寄る地元の人は多いのではなかったかな?と思うほど、私たちが食事をする間にもひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

Cafe Los Feliz

住所:2118 Hillhurst Ave.Los Angeles,CA 90027
電話:323-664-7111
HP:https://www.yelp.com/biz/cafe-los-feliz-los-angeles

プロフィール画像
この記事を書いた人
SOLO
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/29
最終更新日:2018/10/29

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.