たびこふれ

日本初寄港のノルウェージャン・ジュエルに乗船!チャーター船ならではのオリジナルイベントを体験しました

記事投稿日:2018/08/02最終更新日:2019/09/26

Views:

2018年のゴールデンウィークに話題となった「阪急交通社2隻同時チャータークルーズ」。

どちらも日本初寄港となる「MSCスプレンディダ」と「ノルウェージャン・ジュエル」の2隻のクルーズ船のうち、南国の楽園を満喫するノルウェージャン・ジュエルに乗船して、一足お先に夏を楽しんできました!

チャーター船だからこその阪急交通社オリジナルイベントを中心にご紹介します♪

目次

ノルウェージャン・ジュエルってどんな船?

  • 総トン数:93,502トン
  • 全長:294.1メートル
  • 全幅:32.2メートル
  • 就航年:2005年(2014年に改装)

なんといってもこの船の特徴はカジュアル船ということ!堅苦しいドレスコードも食事の時間が決められてしまう2シート制のレストランもありません!自由な服装で好きな時間に食事ができる、まさにフリースタイルに船の滞在を楽しむことができるんです!クルーズ初心者の方にはおすすめです♪

②.jpg

そんな、クルーズ初心者の方にオススメの船で、且つゴールデンウィーク期間の旅行だったこともあり、参加したお客様は家族連れの方々が多くいらっしゃいました。

ちょうどクルーズ期間中にこどもの日が含まれていたので、船内には鯉のぼりが出現!300人を超えるお子さんたちはきっと喜んでくれたことでしょう!

>>>「ノルウェージャン・ジュエル」について詳しくはこちらから(公式サイト)

南国の楽園 沖縄に台湾!クルーズの航路をご紹介!

【高知県】名物カツオのたたきをいただく!

③.jpg

横浜港を出発してまず目指すは、豊かな自然と偉人・坂本龍馬で有名な高知へ。

四万十川の清流に心癒された後は、名物カツオのたたきをいただきます♪

【沖縄県】南国の楽園 那覇&石垣島で癒される!

④.jpg

終日航海のあとは、いよいよ南国の楽園その1「沖縄県那覇市」へ!美ら海水族館で魚と戯れ、国際通りでお土産をゲットしました!

⑤.jpg

その後、南国の楽園その2「石垣島」へ入港!

人生で初めてテンダーボートを体験!(石垣島は接岸できないので、小型の船に乗り換えて港に向かいます)

真っ青な空と海、降り注ぐ太陽と潮風に、日常を忘れ身も心も癒されました~。

【台湾】基隆で観光もグルメも満喫!

⑥.jpg

南の島にさよならを告げたあとは、この旅唯一の海外寄港地・台湾「基隆(キールン)」へ。

あいにくの曇り空でしたが、なんとか雨に降られることなく思い思いに台湾観光を満喫。

⑦.jpg

ビールと餃子は欠かせません!(食べてばっかり笑)

チャーター船だからこその楽しみ!阪急交通社オリジナルイベントをご紹介♪

イベント人気No.1!フラダンス教室

9日間のクルーズ中、船内では朝から晩までたくさんのイベントが開催されているので飽きることがありません!!

⑧.jpg

なかでも老若男女問わず人気だったのがフラダンス教室。

⑨.jpg

プールデッキでレイをつけて太陽の光を浴びながら踊れば、そこはもうまさにハワイ!

他にもベリーダンスやHIPHOPなど、先生たちが丁寧に教えてくれるので、初心者の私でも簡単に踊ることができました。最終日にはみんなでプールデッキに集まって大発表会も開催!

イチバンの目玉イベント!夏川りみさんコンサート

⑩.jpg

那覇から石垣島に向かう夜は、船の中で石垣島出身の歌手・夏川りみさんの歌声に酔いしれます。

まさか船内でご本人の生歌が聞けちゃうなんて!贅沢すぎる!

これもチャータークルーズだからこそ!振り付けもマスターして、みんなで一緒に歌って踊って盛り上がりました♪

おそらく日本、いや、世界初!キッズ限定船上運動会

⑪.jpg

なんと船の上で運動会を開催!12歳までの子供たちが5つのチームに分かれて玉入れや綱引きで勝負!

海の真ん中で運動会を行ったのは阪急交通社が最初で最後じゃないでしょうか・・・?親御さんたちの応援にも熱が入ります!家族みんな笑顔があふれる素敵なイベントでした。

ノルウェージャン・ジュエルに乗ってみよう!

いかがでしたか?寄港地の観光に船内のイベントに、飽きることのない9日間でした!全部楽しむにはまだまだ時間が足りません!

次はみなさんが乗船して、他にはない「クルーズだからこそ」の体験を味わってみてはいかがでしょうか。

>>>「ノルウェージャン・ジュエル」について詳しくはこちらから(公式サイト)
>>>「ノルウェージャン・ジュエル」に乗船するツアーはこちらから!(阪急交通社)

関連記事:
ノルウェージャン・クルーズラインの魅力「フリースタイル クルージング」とは?

プロフィール画像
この記事を書いた人
アラサチヨ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/08/02最終更新日:2019/09/26

Views:

高知のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.