たびこふれ

暑い夏は夕刻からのお得なチケットで!ロサンゼルスのパシフィック水族館

記事投稿日:2018/07/31最終更新日:2019/02/25

Views:

ロサンゼルスのパシフィック水族館(Aquarium of the Pacific)では、子どもたちが夏休みのシーズン、平日に限り午後5時から入館できるお得なチケットが販売されます。金曜の夜だったので、混んでいるかな?と心配しつつも、行ってみました。

ここまでの道のりが少し渋滞していたので、到着したのはそのお得なチケットの入館スタート時間を1時間以上も過ぎた6:10pm。オンラインですでにチケットは購入していたので、入り口でプリントアウトをしたもの、もしくはスマートフォンで表示したものをスキャンしてもらい入館します。

01_JPG_51.jpg

入ってすぐ頭上でどーんと出迎えてくれたのは、大きな、大きなクジラの模型。ホエールウォッチングなどで見たことのあるクジラは、遠く離れたところで潮を噴く頭がチラリと見える程度だったので、改めてその大きさに圧倒されます。

02.JPG

その奥には、10mほどの高さの大きな水槽が。中には、小さな魚も自分の体よりも大きな魚(種類は何だったのか不明)も一緒に共存しています。

03_JPG_41.jpg

次のコーナーはクラゲ。透き通るような白のクラゲが、ぽわーん、ぽわーん、ゆらーん、ゆらーんと浮かぶ水槽をのぞいていると、なんだかとっても癒されて何時間でも見ていたくなります。

04.JPG

サメやエイの種類もかなりたくさんありました。この水族館、実はノンプロフィットで、働く人たちは皆ボランティアで成り立っているとのことなのですが、いくつかの代表的な魚たちの水槽前には係の方がつき、魚のトリビア的なお話をしてくれます。

05.JPG

ペンギンやラッコもいました。ペンギンさんたちにはちょっと厳しい環境なのでは?とちょっと心配になるほど、ここ数日のロサンゼルスはとても気温が高め。ラッコに至っては、ずっと寝ていて動くことはなく、良い写真が残念ながら撮れませんでした......

06.JPG

07.JPG

ヒトデやイソギンチャクに触れることができるセクションも。とってもカラフルで美しかったです。他にも、カラフルな魚や、魚類だけでなく、オットセイや海鳥など、海周りに出没する動物たちもたくさんいます。

とはいうものの、そこまで広くない水族館なので、率直な感想は2時間程度で充分。しかも、特に夏休み中の日中は駐車場も満車になるほど人が溢れるとのことで、暑くなく、しかも人がまばらになる、この夕刻からの入場はかなりおすすめです。ゆっくり見て、また気に入った水槽のところには何度も戻ったりなど、のんびりとした時間を過ごすことができました。閉館後には周りのレストランで食事もグッド。海の近くならではの、シーフード系のレストランが美味しいですよ。

Aquarium of the Pacific

住所:100 Aquarium Way, Long Beach, CA 90802
電話: (562) 590-3100
HP:http://www.aquariumofpacific.org/ 
営業時間:毎日通常9:00am6:00pm(クリスマスデーを除く)
夏季特別時間:5:00pm8:00pm(平日のみ)
入館料:大人 $29.95、子ども(311歳) $17.95、シニア(62歳以上)
 ※ホエールウォッチングやクイーメリー号の入場券などのコンボ割引チケットもあり
駐車場料金:水族館でバリデーションをもらえる、有料立体駐車場が$8

プロフィール画像
この記事を書いた人
SOLO
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/31最終更新日:2019/02/25

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.