たびこふれ

メキシコ、トゥルムビーチのカバニャで特別な時間を過ごす

記事投稿日:2018/04/20最終更新日:2019/10/09

Views:

メキシコ、ユカタン半島には数多くのマヤ遺跡がありますが、カリブ海沿いに位置するトゥルム遺跡もその1つです。トゥルムの魅力は遺跡だけでなく、美しいカリブ海のビーチに並ぶ「カバニャ」にもあります。では、トゥルムを訪れたら是非泊まりたいカバニャをご紹介します。

カバニャとは一体何?トゥルムのカバニャの特徴は?

Tulum 1.jpg

カバニャ(cabaña)は「小さな小屋、部屋」を意味しますが、カリブ海のリゾートでは「小さいホテル」のことを言います。カバニャの特徴はヤシの木の葉を使って作られたパラパと呼ばれる藁ぶき屋根の建物であることと、とてもリラックスした雰囲気とシンプルな内装、設備にあります。カバニャは、キャンプをしているように自然を感じて宿泊するというアイデアも持つため、場所によっては電気やガスの一切入っていない所もあります。

トゥルムの見どころは遺跡だけではない

Tulum2.JPG

トゥルムはマヤ遺跡で有名ですが、その他に立ち寄れる場所がいくつかあります。カバニャにチェック・インしたらトゥルムの中心部に出かけてみましょう。カンクンやプラヤ・デル・カルメンとは違いトゥルムの町はかなりこじんまりとしています。のんびりとした雰囲気がメキシコのリゾートに来たことを感じさせてくれます。お土産屋の他にも、レストラン、カフェ、アイスクリーム屋、アーティストの作品が集まる店などがあるので、暑さがおさまる夕方にブラブラと散歩するのが最適です。10年前はビジネスの数がとても少なく、レストランやお店のオプションが少なかったものの、現在のトゥルムはスーパーや銀行、コンビニまであるため不便さを感じることはありません。

カップルやハネムーナーにカバニャをおススメする理由とは?

Tulum 3.jpg

ビーチを目の前にし、波の音を聞きながら眠れるカバニャでの宿泊はリゾート気分をたっぷり味わえるだけでなく、ゆっくりと流れる時間を感じることができ、とてもロマンチック。だから、カップルに人気なんです。朝起きたら特別な人と誰もいないビーチを歩く。観光客もカンクンやプラヤ・デル・カルメンほど多くなく、よりプライベートな時間を過ごすことができるので、日本とは全く違う静かな時間を過ごすことができます。

カンクン/プラヤ・デル・カルメンからトゥルムまでの行き方

Tulum 4.jpg

カンクン国際空港、カンクン市内、またはプラヤ・デル・カルメンからは「ADOバス」を使用することをおススメします。ADOバスはファーストクラスバスですので、テレビやエアコンが付きとても快適に移動することができます。また、タクシーや個人シャトルよりも安く、コレクティボと呼ばれるバンよりも、高いながら安全に移動することができるからです。トゥルムのバスターミナルに着いたら、そこからホテルまでタクシーで移動するのが一番便利で安全です。または、トゥルムを訪れた後にチェ・チェン・イッツアやメリダまで足をのばすのであれば、車をレンタルするという手段もあります。車のレンタルはカンクン国際空港、ADOバスターミナルやホテル内で手配することができます。

メキシコ人にも人気のトゥルムのカバニャ。人気のカバニャは予約が取りにくいこともあるので、カバニャでの宿泊を決めたら、是非時間に余裕をもって予約してください。

◎おすすめ関連記事◎

プロフィール画像
この記事を書いた人
Yu Larraz
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/04/20最終更新日:2019/10/09

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.