たびこふれ

大切な人へ届けたい、おすすめの岐阜みやげ

記事投稿日:2018/03/18最終更新日:2018/03/18

Views:

古くからモノ作りが発展した岐阜では、「和」を代表するさまざまな銘品が多数作り出されている。なかでも、美濃焼や美濃和紙は全国的にも知名度が高い伝統工芸品として名高い。

00400_180301_01.jpg

美濃焼は約1300年前の飛鳥時代からの歴史がある、多治見、土岐、瑞浪など美濃地方で作られる陶器のこと。自由な造形と大胆ながら繊細に施された絵付け・色彩で当時から数々の名陶がつくりだされた。

代表的な織部焼や志野焼のほか、黄瀬戸、瀬戸黒といった多彩な作品が存在し、今なお美濃焼の基礎となって受け継がれている。

伝統はもちろんだが、普段使いしやすいことも広く知られるようになったきっかけのひとつだったようだ。また、摺絵(すりえ)や銅版、スクリーンプリントなどの技法も開発され今では美濃焼が国内シェアの半分以上を占めるようになった。

00400_180301_02.jpg

同じく、独特の伝統的なすき方で作られる美濃和紙は、2014年にユネスコの無形文化遺産に登録された。こちらも美濃焼同様の歴史をもち、繊細できめ細やか、美しく丈夫な和紙として世界的に注目されている。

美濃和紙を使ったさまざまな商品はおみやげにもおすすめ。便箋や封筒といった手軽なものから、耐久性に優れた、水うちわや傘などの一品まで種類も豊富だ。

美濃和紙あかりアート館では、10月に開催される「美濃和紙あかりアート展」を再現。和紙を通した幻想的な灯りを楽しむことができる。また、アートショップもあるので、こちらでおみやげ探しをするのも楽しい。

大切な人へのおみやげに相応しいが、匠が手がける一生ものの商品は自分への特別なプレゼントにしたい。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ようこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/18最終更新日:2018/03/18

Views:

岐阜のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.