たびこふれ

山梨の名湯「いさわ温泉」の開湯イベント

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2017/12/13

Views:

00400_171201_01.jpg
<写真提供:やまなし観光推進機構>

昭和36年に開湯した石和温泉(いさわおんせん)。石和のブドウ畑で突然高温のお湯が沸きだしたといわれ、いまではすっかり山梨県の名湯として広く知られています。1月30日は、「いさわ温泉の日」で、さまざまな記念イベントを開催します。

※2018年のイベント日は、石和温泉観光協会(055-262-3645)へ要問い合わせ

その前の12月1日からは石和温泉旅館街でイルミネーションも開催されます。約800mにわたり、幻想的なイルミネーションの光景が楽しめます。

話は、石和温泉に戻りますが、三味線や舞踊をはじめ、さまざまな催しが開催されるほか、山梨のグルメを販売するコーナーも登場します。

00400_171201_02.jpg
<写真提供:やまなし観光推進機構>

イベント時は足湯に浸かりながら見学できるのも嬉しいです。寒くなってくると温泉が恋しいですよね。石和温泉までは都心からのアクセスも良好。日帰りで利用できる温泉もあるので、思い立ったら気軽に行けるのもいいところ。

00400_171201_03.jpg
<写真提供:やまなし観光推進機構>

そうそう、ここ笛吹市(ふえふきし)はブドウの里、そしてワイナリーも多く点在する地域です。秋は、ワイナリー主催の収穫祭があちこちで開催され、毎年、多くの人で賑わいます。そんな笛吹市にこれまた嬉しい情報が!昨年、笛吹市石和温泉駅観光案内所内に、ワインサーバーが設置されました。

市内のワイナリー10社がつくる計16種類(赤、白、ロゼ)のワインが試飲(有料)できます。ここで味を試してみて、お気に入りのワイナリーを訪れるっていうのもいいでしょう。9~16時(土・日曜、祝日~17時)、料金は1杯200~400円。ずら~っとワインボトルが並んでいるので、銘柄や量を決めてタッチパネルを操作し、グラスに注ぐという完全なセルフサービス。かなりおすすめのスポットです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Acco
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2017/12/13

Views:

山梨のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.