たびこふれ

秋めいたチェコとバールナ

記事投稿日:2017/10/25最終更新日:2017/10/25

Views:

9月に入り、すっかり秋めいたというか、早々と冬めいておりますプラハです。もう冬物で歩く人も多々、しっかり着込んでもいい気温です。このままいくと晴天の美しいバビーレト※(インディアンサマー)はないかしら・・・
(※バビーレト:秋の晴天が続く穏やかな陽気のこと)

プラハ散歩は秋がおすすめです。(写真は昨年の様子です)

00112_171001_01.jpg
<プラハ城>

00112_171001_02.jpg
<カレル橋>

00112_171001_03.jpg
<モルダウ川沿いの建築群>

散歩を楽しんでいると分かりますが、チェコにはバールナ系が多いです。バールナ系とは「チャイオブナ」ならお茶が飲めるカフェ、「ツックラールナ」ならケーキなど甘い物を扱う店といった具合に、ある特定のものをメインに取り扱う専門店(のようなもの)を指します。日本でいう八百屋さんや魚屋さんのような感じです。他にも「ヴィナールナ(ワインバー)」や「プロセッカールナ(プロセッコバー)」などがあります。

そして、いよいよ内陸国チェコにもこんなバールナが登場!

00112_171001_04.jpg

リバールナ(お魚専門ビストロ)

00112_171001_05.jpg

リバールナのショーケースには、魚やイカなどのシーフードが並んでいます。好みの食材を調理してもらい、その場で食べることができる店です。アドリカ海や北海方面から各種新鮮な魚介が来ています。生カキなんかもあり、物流の流れの速さを感じます。時代とともに変化するチェコ、今度はどんなバールナ?

プロフィール画像
この記事を書いた人
YUYU
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/10/25最終更新日:2017/10/25

Views:

チェコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.