たびこふれ

カンボジア/機内から眺めるトンレサップ湖岸の自然と共存する生活

記事投稿日:2017/10/05最終更新日:2017/10/05

Views:

シェムリアップを出発してすぐに、飛行機の窓からシェムリアップ州内のトンレサップ湖岸が見えました。久しぶりの対面だったので(笑)ちょっと嬉しかったですね~

00208_170902_01.JPG

やはり雨季真っ只中という事で(もう少し水位は増えますが)、だいぶ乾季の湖岸よりも水があふれて浸水林を越え、水田地帯とつながっている様子がよくわかります。

00208_170902_02.JPG

でも、残念ながら五分後には雲の上に出てしまったので降下を始めるコンポンチュナン州までは何も見えませんでした(泣)乾季の良く晴れた日だとずっと見えるんですけど、さすがに雨季なので湖上は特にこんな感じなんでしょうね。

00208_170902_03.JPG

やっと降下が始まり、コンポンチュナンの街が見えてきました!

00208_170902_04.JPG

もう18年お世話になっているトンレサップ川の漁師さん宅も見えます!トンレサップ川も湖と同様に川岸からまわりの水田にまで水が氾濫しています。

日本だと河川整備がなされているので河川の堤防を水が越えると大事ですが、ここでは毎年決まって起こる自然現象なのでみんな毎年の水の水量に合わせた生活をしているため余程の大洪水でもない限り何事もなく生活しています。

00208_170902_05.JPG

こちらはトンレサップ湖の浸水林です。5~10m程の木々も頭だけ残して浸水しています。

00208_170902_06.JPG

こちらはメコン河の一部の流れです。やっぱりいつ見ても上空から水辺を見ると、その広さに圧倒されてしまい、ちっぽけなヒト一人がこの中でできる事は限られてしまうな~と実感させられちゃいます。ましてやこの中から数少ない種類の魚を探すなんてそうそうできる事ではないですよね~逆にこの自然環境はずっと残したいですよね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
佐藤智之
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/10/05最終更新日:2017/10/05

Views:

カンボジアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.