たびこふれ

下町B級グルメ、ナポリで最高のピッツァ巡り。

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/08/07
最終更新日:2017/12/14

Views:

ナポリの名物と言えばピッツァ。下町で地元の人々が食べる気取らないピッツァは、観光客が口にしても絶品!この記事ではライターが実際に食べ歩いた、本場ナポリの下町ピッツァが楽しめる名店をご紹介します。

※以下、一部写真はクリエイティブコモンズライセンスに基づき掲載しています。

参考:クリエイティブコモンズ公式サイト(外部サイトに遷移します)

イタリア南部のソウルフードを味わう

洗濯物のはためく路地裏、いくつもの薄暗い小路、人と車の喧噪。突如現れる教会の門を潜ると、そこには静謐で美しい別世界が広がって......。

ナポリの下町は時として猥雑で、混沌としていて、けれど何だか魅力的。"ナポリを見てから死ね"という有名な言葉通り、美しい風景が広がるサンタルチアやヴォメロの丘もナポリ観光のハイライトだけれど、この雑多な下町だって立派なナポリの顔。

人とモノと熱気に溢れる本物のナポリにピッタリなのは、気取ったシーフードでもなく、オシャレなパスタ料理でもなく、庶民の味方B級グルメのピッツァなのです。ピッツァはナポリで誕生したソウルフード。さあ、めくるめくナポリの下町に、最高のピッツァを探して彷徨いましょう。

ND0_4137 - Naples

https://www.flickr.com/photos/15216811@N06/8477736884

知っておきたい、ピッツァの成り立ち

ピッツァはもともと、メインの料理に添えるパンでした。オリーブオイル、塩、アンチョビのみを使ったシンプルなピッツァ・ビアンカ(白いピッツァ)が、この世で最初に生まれたピッツァとされています。

じきに南米からトマトがもたらされると、ピッツァのバリエーションは格段に増え、これだけで一品が成り立つようになったのです。

Via Roma (Via Toledo), Naples - Piazza Carita - Pizzeria Ristorante

https://www.flickr.com/photos/39415781@N06/7617603314

ピッツァ・マルゲリータはナポリ発祥

いたる所にピッツェリア(ピッツァ専門店)が立ち並ぶナポリの街で、最もよく見かけるのが「ピッツァ・マルゲリータ」。実は、これこそがナポリで生まれたピッツァの代表格なのです。

かつてイタリア国王妃マルゲリータがナポリを訪れた際、王妃は庶民の食べているピッツァに興味を示しました。そこで命を受けた街一番のピッツァ職人ラファエレが作ったのが、トマトの赤、モッツァレラの白、バジルの緑でイタリア国旗を表したピッツァ。これには王妃も大喜び。こうして、ピッツァ・マルゲリータが誕生したというエピソードがあります。

関連記事:ピッツァを120%楽しもう!知っていれば迷わないピッツァのアレコレ

ピッツァ・マルゲリータを味わうならDa Michele(ダ・ミケーレ)で!

引用:Flickrより
L'Antica Pizzeria Da Michele

そんなピッツァ・マルゲリータの超有名店が、こちらのピッツェリア。1870年創業の老舗、ダ・ミケーレです。雑多な店内には、絶えることなく人が流れ込んでいきます。

行列は必至ですが、その分回転が速いので、思ったよりも待ち時間は長くありません。ここで出すのは定番のピッツァ・マルゲリータ(トマト、モッツァレラ、バジル)とマリナーラ(トマト、にんにく、オレガノ チーズは不使用)のみ(いずれも4~5ユーロ)。

「ピッツァは元々庶民のB級グルメでしょ?それならその上に、高価な魚介や洒落たトッピングをするのはおかしいに決まってる」というのが、創業以来の頑固な店主のこだわり。

そんな頑ななポリシーにも頷いてしまうのは、ダ・ミケーレの実力なのでしょう。もっちりとした生地の香ばしさ、小麦の豊かな風味。シンプルだからこそ素材が重要なダ・ミケーレのピッツァは、まさに究極のナポリの味なのです。

こちらがそのマルゲリータ!シンプルな見た目に味わいを秘めています。写真:Italyii ライター
こちらがそのマルゲリータ!シンプルな見た目に味わいを秘めています。撮影:Italyii ライター

引用:Flickrより マリナーラはよりシンプルな見た目です。
Pizza Marinara

L' Antica Pizzeria da Michele

住所:Via Cesare Sersale, 1 / 3 80139 Napoli
Tel:+39 815539204

種類豊富なピッツァが楽しめるTrianon(トリアノン)

ダ・ミケーレの近くに建つ名店です。写真:Italyii ライター
ダ・ミケーレの近くに建つ名店です。撮影:Italyii ライター

ダ・ミケーレの近くにあるため、その陰に隠れがちなピッツェリアですが、実はこちらも美食家を唸らせる腕前をもつお店。さながらピッツァ工場を思わせる3階建ての店内は広く、座席数も十分あります。

ダ・ミケーレが頑なに2種類だけを作り続けているのに対し、ここは種類豊富なのが売り。けれどナポリのピッツァはどれも巨大で、一枚食べるのも至難の技。気に入ったメニューを全て味わうには何日もかかってしまいそう......

1枚で8枚分!?欲ばりピッツァをいただく。

この店の売りである様々なトッピングを楽しみたい、そんなあなたにおススメなのが、Pizza Gran Trianon(ピッツァ・グラン・トリアノン)。

なんと、8種類のピッツァを一枚で楽しめるのです。
参考:Otto stagione pizza(外部サイトに遷移します)

ピッツァの上にはオリーブ、マルゲリータ、ペペロー二(ピーマン)、サルシッチャ(ソーセージ)、リコッタ、プロシュート(ハム)、フンギ(きのこ)、サラミの8種類が一度に味わえるピッツァとは嬉しい限り。

もちろん、定番のマルゲリータも絶品。なにより、モッツァレラのミルク感がたまらないのです。DOC(厳しい生産地指定)の認定を受けたマルゲリータは、正統派水牛のミルクを使用。ひとくち頬張れば、お口のなかにはまるで牛乳を飲んでいるかのようなミルキーさが広がります。

こちらも試す価値ありの一枚です。

お店ごとのマルゲリータを食べ比べる、そんな旅も良いのでは。写真:Italyii ライター
お店ごとのマルゲリータを食べ比べる、そんな旅も良いのでは。撮影:Italyii ライター

Pizzeria Trianon da Ciro

住所:44/46, V. Colletta 80139 Napoli (NA)
Tel:+39 815539426
公式サイト:http://www.pizzeriatrianon.it/

伝統と革新の味を楽しめるGino Sorbillo(ジーノ・ソルビッロ)

大賑わいの店内。この熱気がナポリらしさ。写真:Italyii ライター
大賑わいの店内。この熱気がナポリらしさ。撮影:Italyii ライター

1935年の創業以来、下町スパッカ・ナポリで絶大な人気を誇る名店。溢れる下町の活気に合わせるように、ここも連日長蛇の列です。

家族、親戚合わせて21人全員がピッツァ職人になっているという、もはや遺伝子レベルのピッツァ大好き一族が店を切り盛りします。そんな彼らが作り上げるのは、伝統と革新のピッツァたち。

家伝のピッツァは重厚に見えて実は繊細。具材との絡みが計算し尽くされた生地は思いのほか軽く、消化にも優しいのが特徴。頬張るほどにジューシーな具やチーズと、ものの見事なマリアージュを見せてくれます。

ボリューム満点のリピエーノもぜひ

味わうべきは、やはりここでも定番のマルゲリータ(3.5ユーロ)。そしてナポリに古くから伝わる、リピエーノと言われる揚げピッツァです。揚げた生地に包まれているのは、たっぷりとしたリコッタチーズ、甘いトマト、そしてコッテリとしたパンチェッタ(豚の頬肉ベーコン)。

お腹一杯食べてもしばらくするとまた恋しくなる、リピエーノはそんな魅惑のピッツァなのです。

Pizzeria Gino Sorbillo

住所:Via Dei Tribunali, 32, Naples, Italy
TEL:+39 81446643
公式サイト:http://www.sorbillo.it/en/

地元の人で賑わう穴場Starita(スタリータ)

「Starita(スタリータ)」は1901年創業。ナポリの中心部からは少し離れてはいるものの、ここは知る人ぞ知る穴場の名店です。

その味の確かさは、客席を埋める舌の肥えた地元ナポリっ子の多さに表れています。ナポリでタクシーの運転手におススメの一軒を挙げてもらうなら、まずここを薦める人が多いのだとか。

変り種のピッツァもおいしい

ナポリっ子たちが口を揃えて「とろけるよう!」と形容するピッツァは、大きすぎず女性向き。シンプルなマルゲリータも甲乙つけがたい美味しさながら、ジューシーなプロシュート(ハム)と、歯ごたえのあるフンギ(きのこ)をトッピングしたMargherita con Proschutto e Fungi (6.5ユーロ)や、クルミやブロッコリーのペーストを合わせた変わり種もおススメです。

Pizzeria Starita

住所:Via Materdei, 27-28, 80136 Napoli
Tel: +39 815441485
公式サイト:http://www.pizzeriestarita.it/fullscreen/pizzerie_napoli/?lang=it

北部と南部、それぞれのピッツァの違いを楽しんで

ピッツァの生地は北部と南部とで違います。北イタリアでは薄い生地ですが、ナポリのある南イタリアではもちもちの分厚い生地をしています。

腹持ちが良くて安く食べられるナポリのピッツァは、まさに庶民の食生活に深く根付いてきたソウルフード。一枚食べればお腹も心もいっぱいになる本場のピッツァを、ナポリっ子に交じって頬張ってみてはいかがでしょう?

※編集部註:一部写真の出典、表記見直しをいたしました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/08/07
最終更新日:2017/12/14

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.