たびこふれ

バリ島のお正月ニュピ

記事投稿日:2017/04/17最終更新日:2017/11/21

Views:

スラマッシアーン! 
先日3/28はバリ島のお正月にあたるニュピでした。
このニュピはバリヒンドゥー教の行事ですが、バリ島全域で守られています。
まずニュピの数日前にはムラスティと言うお祭りが行われます。
BALI_20170402_01.jpg
このお祭りは海の魔物にお供えをしたり、ご神体のお清めをしたりして安全に新年を迎えられるようにお祈りをする儀式です。
各バンジャール(町内会)ごとに行われます。
バリヒンドゥーの正装をした人達が海まで練り歩きます。
BALI_20170402_02.jpg
旅行中にこのお祭りが見れた人はラッキーですね☆
でもお祭りが優先なので周囲は通行止めになったり大渋滞覚悟です。
その数日後にニュピがやって来ますが、ニュピ前日の夜、日本でいう大晦日に
オゴオゴというお祭りがあります。
このお祭は悪霊を追い払う儀式です。
このオゴオゴとは、とても大きくて怖い顔をしたものが多いです。
オゴオゴをガムラン演奏と共に御神輿のように運び街を練り歩きます。
BALI_20170402_03.jpg
BALI_20170402_04.jpg
BALI_20170402_05.jpg
このオゴオゴも数か月前から各バンジャールの人達が手作りしています。
素材やテーマなどいくつかのルールがあってコンテストもあるそうです。
大体のオゴオゴは悪霊のような怖い姿をしています。
BALI_20170402_06.jpg
至る所でオゴオゴパレードが行われているのでこの時を狙って旅行に来る外国人も多く見かけます。
そしていよいよ翌日はニュピです。静寂の日。サイレントデーとも呼ばれています。
ニュピの日の朝6時から翌日の朝6時まで外出禁止になります。
空港も離着陸は全てストップするという徹底さです。
本来は人間界に降りてきた悪霊に憑りつかないように静かにする日。
瞑想をする日と言われています。
なので家の中でも電気や火を使う事は禁止されています。テレビの放送もストップし砂嵐です。
断食と瞑想の日でもあるニュピですが、今の時代それを守っている人は少ないようです。
外に出る事は固く禁じられていますが、普通に料理もするし、大声を出さない程度に皆さん楽しんでいます。
ホテルに泊まればホテル内は動けるので、プールに入ったりしながらのんびりと過ごす事も出来ます。
ニュピの日の夜のお楽しみは星空観賞
まる1日車もバイクも走ってないニュピの星空は空気が澄んでいて格別!
天の川、南十字星、流れ星もたくさん見れます。
私は今年のニュピはウブドという山の方で過ごしましたが、たくさんのホタルを見ることが出来ました。
ニュピ明けの朝6時外出禁止が解かれますが、待ちきれない人達は6時前からブンブンとバイクで走りまわっていました。
朝一の空気はとても綺麗で爽やかですよ!
こんなに徹底しているバリ島のお正月ニュピ
日本でも実施すればいいのにな~
と思います。
皆さんもニュピ体験しにバリ島に来てみませんか?
なかなか出来ない経験ですよ!
来年のニュピは2018年3月17日です。
プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/04/17最終更新日:2017/11/21

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.