たびこふれ

【閉店】タイ・トンローエリアにある美味しくて、 落ち着くおしゃれなカフェ「Warm Wood Cafe」

記事投稿日:2016/06/30最終更新日:2018/10/15

Views:

【閉店】※2018年10月現在

タイの雨季は、雨がざっと降ったり、からりと晴れたり、逆に晴れていたかと思ったらざっとふりだしたり。こんな雨季のお出かけに、やっぱりカフェは外せません。カフェブームは日本でもですが、タイでもおしゃれで美味しいカフェがビックリするほど街中に点在している今日この頃。カフェ選びもちょっとした楽しみの1つです。今回は、プーケット在住のタイ人お嬢様に「私の、スイスのホテル学校時代の後輩がお洒落なカフェをはじめたの~」という事でおススメしていただいた、今バンコクでNo.1のおしゃれエリア、トンローエリアにある「Warm Wood Café」をご紹介したいとおもいま~す!

目次

店内は木の温もりが暖かい、柔らかな雰囲気

トンロー駅から駅周辺のモーターバイクタクシーで、3分ほど。

トンローソイ10を入るとすぐ左手にある「Warm Wood Café」。外観からは、おしゃれな代官山にある女心をくすぐるかわいらしいお店にみえてしまうかも。

TL2016_07_01_02.jpg

TL2016_07_01_01.jpg

お店の中に1歩は入れば、店名の由来がそのまま、おもわず「うぁ~おしゃれ~!」とつぶやいてしまいそうな、木の温もりが暖かい家具に窓から自然の光があたたかくさしこむとっても落ち着くなんともいえない柔らかな雰囲気。お店の中では、東南アジアの大都市バンコクにいることをすっかり忘れてしまいます。

TL2016_07_01_03.jpg

6か月前にオープンしたばかりのお店ながら、お昼をすぎてもお店は満席・・・・・・。

TL2016_07_01_04.jpg

メニューを見て一目ぼれしたスイーツ

お店のシグネチャーメニューは、えびっこがこれでもかとたっぷり入ったクリーミーなスパゲティー「エビコ・スパゲティ」。

TL2016_07_01_05.jpg

えびっこだけではなく、大ぶりなエビも入っているのですが、今回は、メニューをみて一目ぼれした「パブロバ」をオーダー

じゃ~ん。

TL2016_07_01_06.jpg

カラフルな宝石のようなカットフルーツその下には、サクサクしたメレンゲ。たっぷりとした生クリームもたまらない。添えられているベリーソースをかけたら、これまた美味。

甘い物をたべたいけど、お腹にはたまってほしくない。そんなわがまま女子(?)の希望をかなえてくれる2016年上半期タイで食べたスイーツの中でNo.1のスイーツでした。

ドリンク類、お食事、デザートも豊富でメニューはすべて日本語でも記載

コチラのお店実は、メニューがすべて日本語でも記載されているんですよ!それもそのはず、お洒落で味にうるさい駐在員の奥様方のお気に入りカフェスポットなんだそう・・・・・。

オーナーのTeeさんは、まだ20代前半の笑顔がとってもすてきなタイ人男子。世界が認めるスイスのホテル学校在学中にも他のレストランをオープンしていたそうで、かなりやり手の若き実業家!

TL2016_07_01_07.jpg

ドリンク類もお食事も、デザートも豊富でおしゃれ、美味しい「Warm Wood Café」。気になるお値段もおいしさにまけずリーズナブル!早朝6:30~お酒が楽しめる夜もオープンしているので、みなさん、バンコクでのちょっと落ち着くお洒落スポットをおさがしでしたら是非「Warm Wood Café」に行ってみてください。

施設情報

Warm Wood Cafe

■オープンタイム:6時30分~翌1時 月休
■住所:141 Soi Thong Lo 10, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
■電話:+66 2 714 9974
■Web:www.facebook.com/warmwoodcafe

プロフィール画像
この記事を書いた人
徳武 加奈子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/06/30最終更新日:2018/10/15

Views:

タイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.