たびこふれ

うまさぎっしり新潟県!

記事投稿日:2016/10/14最終更新日:2019/05/16

Views:


観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花(せつげっか)」を中心に、まだ知られざる北アルプスの観光地や地元グルメの魅力についてご紹介します♪

☆えちごトキめきリゾート「雪月花」

「えちごトキめきリゾート雪月花」は、北陸新幹線上越妙高駅~糸魚川駅間で運行されるえちごトキめき鉄道の新型リゾート列車です。列車は2両編成の新造ディーゼル車で定員45名のゆったりとしたつくりになっております。1号車は日本海側と妙高山側を向くラウンジ形式の座席配置、2号車は先頭部に前面の展望を独占できる展望ハイデッキを備えたレストラン・カー形式の座席配置とであり、車両を移ると雰囲気も大きく異なります。

1matsushita-noren.jpg

2matsushita-noren2.jpg

この車両のポイントはなんといっても大きな窓!天井まで伸びる日本最大級の大きな車窓を通して、まるで海と山とが迫ってくるようです!!

日本海の絶景、越後富士と称される妙高山の雄大な山並みを身近に感じながら、今回は2号車にて食事をとりました。三段重の重箱の中には、地元の旬の食材にこだわったお料理がギュッと詰まっていました!重箱の他にもウェルカムドリンクやスープ、デザートもあってボリューム満点でしたよ☆

3matsushita-shokuji.jpg

4matsushita-shanai.jpg

そして、直江津駅にて一時停車をします。直江津駅ではなんと!「駅弁の立売り」が行われていました!駅弁や地元の商品の販売もございます。立売りの方でした!

「雪月花」の登場に合わせて、直江津駅に「駅弁の立売り」が復活しており、駅弁の立売りがあるのは、今や全国でも下今市(栃木)、美濃太田(岐阜)、折尾(福岡)、人吉(熊本)くらいです。「雪月花」ではこんな貴重な体験もできるのです!降車駅である能生駅まで、終始ワクワクがとまりませんでした!

5matsushita-hanayome.jpg

☆日本海の道の駅「マリンドリーム能生」

能生駅より車で約10分。道の駅マリンドリーム能生を訪れました。ここは能生漁港で穫れた新鮮なベニズワイガニを選んで買ってその場で食べられる、日本海側最大級のベニズワイガニ直売所です。広場には9店舗からなるかにや横丁なるものが軒を連ねており、好きなお店でカニを購入、そのままかにカニ館という施設で汚れを気にせず楽しく美味しく食べることができます!新鮮なカニを目の前に、大興奮!とっても食べ応えがありました☆

6matsushita-kani.jpg

7matsushita-marine.jpg

☆能生漁港でのセリ

その道の駅マリンドリーム能生のすぐそばにあるのは能生漁港。ここではセリの見学をしました!能生漁港は新潟県内でも有数の漁場で、多いときは80種類もの魚が水揚げされます。中に入ると、水揚げされたばかりの魚がところせましと並び、セリが始まる前から買い手の人たちが品定めをしていました。セリの人の呼びかけに応じて、買い手が手やりで値段を示すのですが、そのスピードたるや感動ものです!次から次へと買い手がついて運ばれていく商品をただただ見送るばかりでした!

8matsushita-seri.jpg

☆大糸線乗車

2日目は姫川渓谷の絶景が続く大糸線の貸切乗車をいたしました!糸魚川駅から小谷駅間の約35.3km、先ほど紹介いたしましたリゾート列車「雪月花」とは違って、こちらは地域の人々の重要な足となっているローカル列車です。何もない静かな環境に魅力を感じるひとときです!この日はちらほらと稲穂が頭をたれている様子がうかがえましたが、春には桜、冬には雪景色と四季折々の風景が楽しめるそうです!

9matsushita-oitosen.jpg

新潟を含む、北アルプス日本海エリアには「新しい魅力」「関西ではあまり認知されていない観光スポット」がまだまだたくさんあります。皆様もぜひえちごトキめきリゾート「雪月花」や大糸線に乗って、まだ見ぬ北アルプスの魅力に触れてみてはいかがでしょうか!?

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/10/14最終更新日:2019/05/16

Views:

長野のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.