たびこふれ

熊本/神様の結婚を祝う「火振り神事」

記事投稿日:2016/04/11最終更新日:2017/08/28

Views:

阿蘇神社で毎年3月中旬に行われる「火振り神事」。
今年は3月15日(火)に行われました。
朝から夜まで続く「御前迎え」という儀式のクライマックスにあたり、国龍神(くにたつのかみ)と姫神の結婚を祝う神事です。


神事が行われるのは阿蘇神社の楼門の前。
この楼門は日本三大楼門のひとつに数えられていて、2007年には国の重要文化財に指定されています。


さて、肝心の「火振り神事」の内容について。
樫の木で作られ、さらに真綿・樫の葉で包まれた姫神のご神体が阿蘇神社に到着すると、道中を明るく照らすため、氏子が束ねた茅で作った松明に火をつけます。


00700_160401_01.jpg


そして、火のついた松明を一斉にぐるぐると振り回すのです。


00700_160401_02.jpg


00700_160401_03.jpg


炎の輪が参道いっぱいに広がる様子は、神秘的で幻想的です。


火振り体験は19時ごろから行われ、実は一般の参拝者も参加することができます。
神様、結婚おめでとう~という気持ちを込めて、松明をグルグル... ちょっと不思議な感じ...
でも、なんとも絵になります。


火振り神事が終わると、いよいよ春の到来です。
阿蘇神社の横参道がライトアップされ、参道沿いの桜並木を淡く照らし出します。


00700_160401_04.jpg


短い間だけですが、夜桜散歩を楽しめますよ。




画像提供:熊本県




プロフィール画像
この記事を書いた人
くさべ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/04/11最終更新日:2017/08/28

Views:

熊本のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.