たびこふれ

和を感じる、金沢のお茶屋さんへ

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/11/18
最終更新日:2017/09/07

Views:

北陸新幹線開通後、人気の金沢。特にレトロな街並みの"ひがし茶屋街"は女子旅で行きたいスポットのひとつですね。

お洒落カフェもいいけれど、せっかくなら和の雰囲気も味わいたい。そこで訪れたいのが、ひがし茶屋街にある伝統的なお茶屋さん『志摩』です。

1511182101.jpg

志摩は、文政三年(1820年)に建てられた歴史あるお茶屋さん。江戸時代の建築が当時のまま残るとても貴重な建物で、国の重要文化財となっています。一歩入ると、江戸時代にタイムスリップしたかのよう。1階は台所や茶の間。2階が客間となり、芸妓さんが舞などの遊芸でおもてなしをする、限られた人しか入ることのできない格式高いお茶屋さんでした。建物は繊細で優美な造りで、随所に職人技を感じます。また、1階には当時芸妓さんが使っていた簪(かんざし)や櫛(くし)などレトロかわいい小物も展示しています。

1511182102.jpg

見学後は「寒村庵」にてお抹茶と和菓子をいただくことができます。(生菓子・お抹茶セット 700円)

ここは数席だけしかないこじんまりとした造り。お庭を眺めながら静かに、時がゆったりと流れます。おひとり様女子にもおすすめです。

1511182103.jpg

和の伝統と歴史に触れる。ほっとひといき、わたしの時間。

喧騒から離れて、そんなひとときに浸ってみるのもいいかもしれません。

(レポーター:うみ)

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンデレラトリップ編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/11/18
最終更新日:2017/09/07

Views:

この記事に関連する記事

石川のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.