たびこふれ

ノスタルジックなレトロタウン、十フンで天燈上げ体験♪

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/10/12
最終更新日:2017/08/25

Views:


台湾旅行といえば、あのアニメ映画の舞台と噂される九フンを想像する方も多いかと思いますが、今回個人的におすすめしたい場所は「十フン(じゅうふん/シーフェン)」です。台北から電車で約1時間、ノスタルジックな雰囲気ただよう十フンは、天燈(ランタン)上げが出来ることで有名な場所です。

1610123001.jpg

十フン駅に到着すると、線路ギリギリまでお店が立ち並んでいます!さらに、電車が通過しないときは自由に線路を歩くことができるので、散策しながら写真をとったりするのも楽しいですよ♪

少し散策したところで、いよいよ今回の目的である天燈上げです!天燈上げとは、大きな紙風船に願い事を書き、紙風船の中の火種をつけることで空へと上げる中国の伝統行事です。天燈の色は願い事の種類によって選ぶこともできるようです。色の設定はお店により異なることがありますが、一般的には赤:健康・安全、黄色:金運、青:商売繁盛、紫:合格祈願、ピンク:恋愛運・家庭円満、緑:平和となります。

1610123002.jpg

それでは早速、墨汁をつけた筆で願い事を書いてみました!このとき、墨が洋服やかばんへ垂れないようよく注意してください。私は気を付けていたにも関わらず、気が付くとズボンに墨が・・・。願い事を書いたら空へと飛ばす準備です!線路の上へ行き、お店の方が写真撮影も手際よくして下さいます。

1610123003.jpg

火をつけて風船の中に熱がこもると、「手をはなして~」と言われ、願い事を書いた紙風船が空高く上がっていきました!願いを込めて見送ります。

1610123004.jpg

余韻にひたっていると突然、「ピーーッ!」と笛の音が!一時間に一本通る電車が来たようです。急いで線路のわきへ。少しすると電車がやってきました。線路わきのお店すれすれを通っていきます。さっきまでそこにいたのに!と、日本では考えられない光景にわくわくしました。

1610123005.jpg

さて、十フンの天燈上げはいかがでしたか?台北、十フン、九フンと日帰りでも十分観光していただけます。ただ、本数が少ないので移動の電車やバスの時間はしっかり調べておきましょう。台湾へ行く際は、ぜひ十フンへ訪れてみてください。

(レポーター:しお)

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンデレラトリップ編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/10/12
最終更新日:2017/08/25

Views:

この記事に関連する記事

台湾のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.