たびこふれ

Funship(ファンシップ)「カーニバル・インスピレーション」に乗船!

記事投稿日:2016/01/08最終更新日:2018/04/06

Views:

1972年マイアミにて創業し、アメリカ・マイアミに本拠を置くクルーズ会社で、カリブ海を拠点に運航する「カーニバル・クルーズライン」。ファンシップ(Funship/楽しい船)という言葉を商標登録しており、コンセプトは、いわば洋上のラスベガス。どの船もガラスや原色を多用したインテリアで、プールサイドに設けられたウォータースライダーもブランドをイメージつけるアイテムです。

そして今回乗船したのは、カーニバル・インスピレーションです!

carnival-imspiration_sentai.JPG----------------------------------------------------------------
総トン数:70,367トン
全長:266m、全幅:31.39m、全高:14階層
乗客定員:2,054人、乗組員:920名
就航年:1996年3月 (改装:2013年)
----------------------------------------------------------------

ラスベガスのホテル「サーカス・サーカス」(大人から子供まで楽しめる、エンターテインメントホテル)をクルーズ船にしたようなイメージ。姉妹船のカーニバル・イマジネーションとともに、ロングビーチ港発着のカリフォルニアクルーズを年間通して運航しています。

carnival-longbeach-cruiseterminal.JPG(客船ターミナル入り口 奥のドームがターミナル)

下車してすぐ横に、荷物(スーツケース)・ポーター受付場所があります。

スーツケースには、事前に乗船券(イーチケット)とともに渡される荷物タグを付けます。タグが付いていれば、「PORTER LINE」の所にスーツケースを並べて置くだけで、船内・キャビンまで運ばれるのでとても楽です。

carnival-imspiration_robby2.JPG(4層吹き抜けのロビー)

carnival-imspiration_robby1.JPG(ロビー入り口)

乗船後、すぐに11階・ビュッフェ「Brasserie Bar&Grill」にてビュッフェ昼食ができます。

インスピレーションには日本人コーディネーターが乗船しています!日本人コーディネーターによる船内の説明会が開催され、日本のお客様にはうれしいサービスですね!

【キャビン】

カーニバル・インスピレーションには、<内側・海側・スイート>の3種類の客室(キャビン)があります。他のクルーズ船で人気の高い「海側バルコニーキャビン」の設定が無いのが残念です。

ベッドは1ベッド(ダブルベッドタイプ・切り離し可能)、2ベッド(ツイン)のいずれかとなります。ファミリー層にも対応できるように、3人1室・4人1室利用が可能です。(キャビン数に限りがあります)壁備え付けのエキストラベッド2台か、1台プラスソファーベッドが備わります。壁備え付けエキストラベッド及びソファーベッドは、乗客の就寝前(夕食時)にセッティングし、翌日午前中に客室係が片付けてくれます。

carnival-imspiration_cabin1.JPG(海側キャビン1ベッドルーム)

carnival-imspiration_cabin2.JPG(左側の壁にエキストラベッド)

carnival-imspiration_cabin3.JPG(右側の壁にもエキストラベッド)

私が滞在した海側キャビンについての情報です。

・冷蔵庫→無し。ミネラルウォーター(1リットル)有料/3ドル
・ドライヤー→無し。客室係へ申し出で借ります。もちろん無料です。
・アメニティ(バスルーム)→石鹸のみ。シャンプーやリンスはご持参ください。
・WiFi→船内は有料

【メインダイニング】

テーブルは6~8名/1卓を指定され、毎夕食同じテーブルとなります。

carnival-imspiration_dining1.JPG

テーブル毎に担当ウエイター制。日本語メニューもありました!食後には紅茶又はコーヒーが無料で付きます♪

2日目(ウェルカム)、4日目(お別れ)の夕食時には、レストランスタッフが雰囲気を盛り上げる「SHOW TIME」が開催されます。食事中に2~3曲のダンスを披露し、乗客と一体化で盛り上げるイベントです!

【シアター(劇場)】

デッキ8・9(階)船首にある2層吹き抜けの劇場で、定員は600名だそうです。

毎日夜(21:00頃)~、ラスベガススタイルのナイトショーが開催されるます。もちろん無料です!開始時間は日によって異なりますので、船内新聞「FUN TIMES」で要確認です。

carnival-imspiration_theater1.JPG
【ショップ施設】

デッキ8 「FUN SHOP」 ロゴ入りグッズや土産物等を扱うショップ、酒・タバコ・時計・貴金属などの免税品を販売するショップです。停泊中はショップは閉まり、出港後に再度オープンします。

【カフェ・バー施設】

船内には8カ所のカフェ・バーがあります!ゲストサービスのあるデッキ7(船内中央)のバーでは、毎晩21:00頃~24:00頃までロビーでコンサートなどが実施されています。デッキ9「TASTE BAR」は、無料の軽食(サンドイッチなど)が提供されますがドリンク代は有料です。  

【プール施設】※

デッキ10(屋上デッキ)にプール1カ所、ジャグジー(温水)2カ所あります。プールは温め。長さは15m程でスポーツプールでは無く、小人でも楽しめます。

carnival-imspiration_pool2.JPG

carnival-imspiration_pool1.JPG

【ウォータースライダー】※

デッキ11・12の船尾部分にあります。朝8:00頃~16:00頃まで利用可能です。

carnival-imspiration_waterslider1.JPG
carnival-imspiration_waterslider2.JPG

【ジャグジー】※

<デッキ10>
大人・小人共用のジャグジーがあります。人気で常に人が多いスポットです。

<Serenity(セレニティー)>
デッキ9後方「CANDLELIGHT」ラウンジ横の扉を抜けると船尾部分となり、21歳以上限定のくつろぎスペースとなっています。

ジャグジーが2か所及び、デッキチェアが100席ほど設置されています。船の軌跡を眺めながらジャグジー入浴できます。小人がいないため、落ち着いて利用ができます。

※は全て、「TOWL STATION(タオルステーション)」があり、タオルを持参する必要がありません。また、各キャビンから持参したい場合は、バスルーム内のバスタオル(白色)ではなく、プール・ジャグジー用に大型のタオル(青色)も備え付けられているのでこちらを持参します。

【フィットネスセンター(スポーツジム)】

船首側・デッキ12の、スパ・マッサージの奥に、フィットネスセンターとサウナがあります。入り口に受付があるが無料。スパ・マッサージ(有料)利用の場合はこちらで受付となります。

【BRASERIE BAR&GRILL ビュッフェレストラン】

デッキ10にあるビュッフェレストラン。朝食ビュッフェは、ホットビュッフェコーナーには6~7種類しか並んでおらず・・種類が少なく感じたのですが、実は、コールドビュッフェ(ハム、チーズ、生野菜など)、パンコーナー、ヨーグルト、実演オムレツなど、場所がそれぞれ異なる場所にあり、すべてを回れば結構な種類でした!

carnival-imspiration_buffe2.JPG

carnival-imspiration_buffe3.JPG

朝、昼、夕ともに、バラエティ豊富。特に夕食はチョイスメニューが豊富で、非常においしかったです。

カーニバルクルーズライン全船では、原則、船内加工・調理としてできたてのメニューで新鮮食材の提供を行っているそうです。私は特に、朝・夕の焼きたてパンが気に入りました!!船内スタッフは非常に親切で対応が良く、食事の充実さ・おいしさには驚きを感じました。

短期間クルーズでありながら、必要最低限以上の施設があり、あまり大き過ぎない客船だからこそ移動にわずらわしさが無く、施設を探すのにも迷うことがありません!また、楽しいショーイベントと食事の充実度が高いため、クルーズが初めての方には「もってこい」のクルーズだと感じました。

みなさまにもぜひ「ファンシップ(おもしろい船)」を体験していただきたいと思います!

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/01/08最終更新日:2018/04/06

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.