たびこふれ

添乗員西宮が語る「クルーズ船から見える、忘れられない情景」

記事投稿日:2015/02/26最終更新日:2018/04/09

Views:

~クルーズが私に教えてくれたコト~

こんにちは!添乗員の西宮めぐみです。

私はクルーズに乗った時、デッキで過ごす時間が好きです。頭の中を空っぽにして、航跡(船尾から見える波の跡)をただ見つめていると、気持ちが落ち着いて、心が安らかになっていくのがわかります。

446koseki.jpg

これが航跡です。なにも考えずただぼうっと眺めていると、ココロがときほぐされていきます。

太陽の光が海面を照らしてキラキラと輝き、海の青さ(蒼さ)が深くなっていきます。

3102whitemountainhikari.jpg

絵画のような風景が動いていきます。

394shimahito2.jpg

「あっ 陸が見えた」

名も知らない小さな島、村、チラチラと揺れるあかり。そこには、まだ逢ったことのない人々の生活が息づいています。

「あそこに住んでいる人々はどんな生活をしているんだろう・・・」

IMAG0335.jpg

昔、列車や飛行機がまだ無かった時代、人々はみな、船で旅をしていました。

「昔の人もこうして船の上から見知らぬ村、陸を見ながら感慨に耽っていたのかな~」なんて思うと旅情はいっそう溢れてきます。

そんな思いを乗せて、船はゆっくりゆっくり進んでいきます。

IMAG0457.jpg

バスに乗って、高速道路を走りながら見る風景にも、ならではの良さはありますが、船からの景色はなんともロマンチックで、私は好きですね。

sunsetcity.png

写真:橋口聡子、森島敬太、武田亘弘

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/02/26最終更新日:2018/04/09

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.