たびこふれ

東北夏祭り2(秋田竿燈まつり)

記事投稿日:2015/05/26最終更新日:2019/04/02

Views:

黄金の稲穂に見立てた竿燈が、夏の夜空に揺らめく「秋田竿燈まつり」。
夏の邪気などを払い、五穀豊穣を願う「ねぶり流し」という行事が原型といわれます。
差し手と呼ばれる白足袋姿の若者が、高さ約12m、重さ約50kgの竿燈を、肩、腰、額などに移しかえる妙技が見どころです。

◆秋田竿燈まつり◆ 開催期間:2015年8月3日(月)~6日(木)

BL14-29008.jpg

会場の大通りは、約260本もの竿燈で埋め尽くされ、1万個を超える提灯の灯りが揺らめく幻想的な光景が広がります。差し手と呼ばれる演技者の力と技がおりなす華麗な演技の数々と、勇壮で軽快なお囃子が、見る者を魅了します。260年以上の歴史を持つ国重要無形民俗文化財です。


【秋田市】2015穂積市長・写真.jpg
秋田市 穂積 志市長 メッセージ
秋田竿燈まつりは、毎年8月3日から6日までの4日間行われます。まつり本番は、稲穂に見立てた約270本もの竿燈が、夏の夜空に揺らめき、黄金色に染まった幻想的な情景に包まれます。「ドッコイショー ドッコイショー」の掛け声とともに、高さ12メートル、重さ50キロにもおよぶ竿燈を自在に操る差し手の力強い妙技と、会場を盛り上げる流麗なお囃子が織りなす極上のエンターテインメントを、ぜひご覧ください。秋田の夏の情熱が煌々と輝く「秋田竿燈まつり」に、皆様のお越しを心からお待ち申し上げます。

>>>続き「東北夏祭り3(山形花笠まつり)」はコチラ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/05/26最終更新日:2019/04/02

Views:

秋田のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.