たびこふれ

アメリカ・コロラド(デュランゴ-シルバートン狭軌鉄道)

記事投稿日:2016/02/03最終更新日:2017/04/19

Views:

130年以上運行されている "デュランゴ-シルバートン狭軌鉄道"

CO_PhotoProject2007_0164.jpg
cMatt Inden/Miles

正式名称「デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道(きょうきてつどう)」は、アメリカ合衆国コロラド州のデュランゴとシルバートンを結ぶ約70kmの路線を運行する狭軌の保存鉄道です。この路線はもともと、鉱山へ物資と人を運び込み、金と銀の鉱石を搬出するために建設されました。1881年より130年以上にわたり運行されており、アメリカ合衆国では数少ない蒸気機関車が運行されている路線です。アメリカ合衆国連邦政府により、アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されるのもうなづけます。

CO_PhotoProject2007_0165.jpg
▲アメリカにも鉄道ファンは多く、蒸気機関車は人気の的/cMatt Inden/Miles

狭軌とは、鉄道路線のレール間隔が標準軌の1,435mm未満のものを指すのですが、デュランゴ-シルバートン狭軌鉄道の狭軌はなんと914mm!急峻な渓谷をしがみつくように走るため、一度峡谷を見下ろした乗客は、そのスリルから次は山側に座ってしまうのだとか。

CO_PhotoProject2007_0101.jpg
cMatt Inden/Miles

雄大なロッキーの中を走るので、冒険しているかのような気分を味わえるかもしれません。旅の思い出に、ちょっと特別なスリルを味わう鉄道はいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/02/03最終更新日:2017/04/19

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.